爆速通信が可能に?!今後発売されるMacには転送速度1.3Gbpsの無線LAN規格「802.11ac」に対応するかも?!

Macbookpro
【img via Cult Of Mac

2013年に発売されるMacを買う理由が1つ増えてしまったかもしれない!

The Next Webによると、Appleは次期Macにギガビット無線LAN規格「802.11ac」に対応するチップを搭載することについて、チップメーカーBroadcomと合意を取ったと報じている!!

そもそも論:無線LAN規格「802.11ac」とは?

「802.11ac」に対応、と言われてもピンと来ない人も多いかもしれないので簡単に説明しておく。

「802.11ac」とは現在注目されている次世代の無線LAN規格。「ギガビット無線LAN」や「5G Wi-Fi」と呼ばれている。

現在、iPhoneやパソコンなど、世に出ているWi-Fiに繋げるデバイスが対応している無線LAN規格は「802.11a/g」もしくは「802.11n」。802.11a/gに対応していると転送速度が54Mbps、802.11nに対応していると転送速度が600Mbpsまで出る。

今回話題になっている「802.11ac」の転送速度はなんと1.3Gbps。802.11nよりもさらに高速通信が可能になるのだ。

2013年発売のMacは「802.11ac」に対応するかも?!

今回、AppleはチップメーカーBroadcomと次期Macに「802.11ac」対応チップを搭載することに関して合意を取ったと報道されている。

高速通信が可能になる他、電池持ちも改善されるとのことなので、次期MacBook Airには「802.11ac」対応チップ搭載によってRetinaディスプレイを期待したい!

(via Cult Of Mac