一部ユーザー、「iPhoneを探す」に他人のMacが表示される不具合が発生

iCloud.com
自分の保有するデバイスがどこにあるのかを教えてくれるiCloud.comの機能「iPhoneを探す(Find My iPhone)」。iPhoneやiPad、Macを紛失してしまった場合、この機能を利用すればどこにあるのか簡単に探し出すことができる。

当然、位置情報を利用するためプライバシーには慎重にならなければならない。万が一、自分の現在地とはかけ離れた場所に見覚えのないデバイス名があったとしたら不気味だろう。

残念ながらそのような状況に遭遇している人達がいるようだ。現在、一部ユーザーの間で「iPhoneを探す」に他人のMacが表示されるという不具合が発生していると話題になっている!

直接的な原因は今だ不明!Macの売却には注意

まず原因として疑われたのはMacの初期化における不具合。自身がオークションで売却したMacが「iPhoneを探す」に表示されているのではないかと指摘する人もいる。


ただし、過去にMacを売却したことがない人でもなぜか見覚えのないMacが表示されている人もいる。




現時点では直接的な原因は解明されていないが、少なくとも初期化における不具合が発生している可能性は考えられる。今後Macを売却する予定がある人は以下の記事を参考に初期化作業を行うべし!

Macを安心して売るために、初期化する前にやるべきこと3つ




(via 9To5Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  2. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  3. 「iPhone 7/7 Plus」および「Apple Watch Series 2」、日本の衛星測位システム「QZSS」に対応
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に