Appleの初売り:コスパ抜群の13インチ型MacBook Proが実質2.4万円オフでさらにお買い得に

Mac本体を買えば周辺機器が実質無料にーーバックアップ用の外付けドライブやネット通信高速化のメッシュWi-Fiルーターなど

Apple New Year Sale macbook

デスクトップもノートブックも、本日限りでMac本体を買えば周辺機器が実質無料で買えるかも?!

Apple公式サイトと直営店で開催されている1月2日限定の初売りで、対象のMacを買うとApple Storeギフトカードによる還元が受けられる。「MacBook Air」であれば12,000円分13インチ型「MacBook Pro」21.5/27インチ型「iMac」、「iMac Pro」のいずれかであれば24,000円分

MacBook Airよりも2ポート搭載のMacBook Proがおすすめ

今回セール対象となっているデスクトップ型Macのうち、特に27インチ型「iMac 5K」は非常にお得。8コアモデルであれば、「Geekbench 5」のベンチマークスコアは「Mac Pro 2019」の8コアモデルを上回っている。また、今回のセール対象にもなっている「iMac Pro」は「Pro Display XDR」を接続しても5K解像度に制限されるが、「iMac」であれば21.5インチモデル、27インチモデル問わずフル解像度で出力可能。

24,000円相当のApple Storeギフトカードがあれば外付けドライブメッシュWi-Fiルーターなどを安く買うことができるが、メモリを自分で別途購入すればさらなる節約になる。

MacBook Pro」と「MacBook Air」で悩んでいるのであれば「MacBook Pro」がおすすめ。対象となっている13インチモデルのうち、2ポートモデルを選んだ方が良い
Apple MacBookPro13inch model

その理由として、「MacBook Air」との価格差は2万円だが、CPU性能は約2.7〜2.8倍以上。価格差が6万円もある13インチ型「MacBook Pro」の上位モデルである2.4GHz/4コアモデルとの性能差は4%程度。重い「MacBook Pro」だが、「MacBook Air」と120gしか変わらない。

長く使うことを考えると「MacBook Pro」の下位モデルを選び、必要に応じてカスタマイズする方が結果的に”賢い”買い物になるかもしれない。

Appleの初売りは2020年1月2日限定。最大で実質24,000円オフになるこの機会をお見逃しなく!

関連キーワード
コメントを残す(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(2件)
  1. 通りすがりの読者

    メモリって仰るから、goriさんはんだ付け解体スキルでも持ってるのかと思った…
    iMacの方の話ですねw
    21インチの方もはんだ付けではないから、解体していけば増設できるらしいですし、いつかやってみたいですね。

    メモリといえば、今の Macってポートが大体Thunderbolt3ですから、外部ストレージの拡張性が高い(通信速度が速いから、どんなSSDを買っても無駄にならない)のがいいですよね〜。

    1. g.O.R.i

      はいそうです、iMacの話でした、失礼しました笑 21.5インチも27インチと同じように簡単に交換できるような構造にすればいいのに、と思ってしまいますが……。

      外部ストレージの拡張性は確かに高いですね!ただ僕は繋いだり外したりが面倒なので、基本的に内部ストレージを少し大きめにして買っておくことがおすすめですw

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索