iFixit、M2 MacBook Airの分解レポートを公開

やっぱり256GBモデルはNANDフラッシュメモリチップが1つのみ(従来は128GB × 2だった)

MacBook Air M2 59 16x9 Blog

iFixitは7月19日、M2チップを搭載したMacBook Airの分解レポート公開した。分解したのは256GBモデル。Appleの公表情報どおり、256GBのNANDフラッシュメモリチップが1つ搭載されている。従来モデルは128GBチップが2つ搭載されていた。

内蔵されているバッテリーの容量は52.6Wh。MacBook Airの特徴的なデザインだったウェッジ型を廃止し、MacBook Proに似たフラットな形状を採用したことで、従来モデルの49.9Whより大幅に増加している。

YouTubeチャンネル「Max Tech」は、M2 MacBook Airを分解した際にU1チップと見られるUSIチップを発見。iFixitによるとU1チップではなく、「Wi-FiとBluetooth用のチップである可能性が高い」だという。

ロジックボードには加速度センサーが発見。用途は不明だが、Studio Displayにも搭載されている。

M2 MacBook Air

10本の記事を表示する
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Air」新着記事
トレンド検索