ついに実現?!Retinaディスプレイ搭載のMacBook Airが2013年第3四半期に登場するかも?!

Macbook air

MacBook Airも待望の超高密度ディスプレイになるのか?!

EMSOneによると、次期MacBook Airは今年の第3四半期に発売され、ついにRetinaディスプレイが搭載されると報じている!!

MacBook AirにRetinaディスプレイ搭載はかなり熱い!

情報元である台湾紙「経済日報」によると、次期MacBook Airの11インチ/13インチモデルは第3四半期にあたる7月〜9月頃に発売されるとのこと。パーツの出荷は第2四半期から行われ、搭載されると予想される次期Intel Coreプロセッサー「Haswell」のUシリーズは6月ごろに登場する予定。今年リリースされるモデルはついに待望のRetinaディスプレイ搭載が期待されている。

日頃からMacBook Airで作業している身としてはディスプレイのRetina化は大歓迎!その一方で実現可能性については正直疑問を感じずにはいられない。

Retinaディスプレイは通常の4倍のピクセル数が搭載されるため、当然それ相応のパワーが必要とされる。MacBook Airの薄さを保ったまま7時間のバッテリーライフを実現するためにはバッテリーに何かしらのイノベーションが起きない限り難しいのではないだろうか。

さらにMacBook AirがRetinaディスプレイ化した場合、Retinaディスプレイ搭載のMacBook Pro 13インチモデルの存在がぼやけてしまう。現状ではRetinaディスプレイ搭載の有無以外差がないため、MacBook Proの13インチモデルはラインアップから消えるかもしれない。

果たしてどうなるのだろうか。バッテリーにイノベーションが起きることを期待したい…。

APPLE MacBook Air 1.8GHz Core i5/13.3/4GB/128GB MD231J/A
アップル (2012-06-13)
売り上げランキング: 1,079
アクト・ツー HyperJuice 60Wh External Battery achj060 jhotna
アクト・ツー (2011-06-01)
売り上げランキング: 2,492

(via 気になる、記になる…