未発表の新型Mac miniの存在が判明。WWDC 2022で発表か

もしかして:M2チップ搭載の新型Mac mini?

Ed orozco IITaO w58A unsplash

未発表の新型Mac miniが、Studio Displayのファームウェア内から発見された。機種IDは「Macmini10,1」。現行モデルのM1 Mac miniは機種IDが「Macmini9,1」ととなっており、別モデルだ。発見したデベロッパーのSteve Troughton-Smith氏は、「M2」チップの内蔵を予想している。

新型Mac mini、登場時期は「今年後半」が有力

Mac StudioStudio Displayを正確に予測したBloombergのMark Gurman氏は、Mac miniの「M2」チップモデルが年内に発表されると予測。9to5Macによると、コードネームは「J473」。具体的な登場時期は不明だが、開発は完了間近で今年後半の発表を予測している。

M2」チップは、M1チップと同じ4つの高性能コアと4つの高効率コアから構成された8コアCPUを内蔵するが、GPUは10コアに増えている(M1は8コア)。高性能コアは「Avalanche」、高効率コアは「Blizzard」のコードネームがつけられているそうだ。

一方でApple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は、新型Mac miniは年内に登場せず2023年まで”延期”されたと予測。デザインは刷新されず、現行モデルと同じになると伝えている。

新型Mac miniの噂

5本の記事を表示する

公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:624149)

    M1Pro載っけて13万で出してくれないかな
    無理かな・・・

「Mac mini」新着記事
トレンド検索