Appleの純正ディスプレイは31.5インチ型で6K解像度か

Modular Mac Pro Concept

「Mac Pro」のコンセプトイメージ

Appleがモジュラー式の新型「Mac Pro」とあわせて準備していると噂されている純正ディスプレイは31.5インチ型の6KディスプレイになるとMing-Chi Kuo氏が予想している。同氏は「6K3Kディスプレイ」と表現している。

新ディスプレイはMini LEDに似たバックライトデザインを採用し、2019年に発売される見通し。それ以外の詳細については分かっていない。

Appleは新型「Mac Pro」を2019年に発売することを明らかにしている。Apple内にはプロ向けハードウェア専用の部署「Pro Workflow Team」が存在し、昨年6月に発表され12月に発売した「iMac Pro」をはじめ、新型の「Mac Pro」および新型のApple純正ディスプレイに特化して開発を進めているとのこと。

Kuo氏はディスプレイの詳細は明らかにしていないが、この純正ディスプレイは新型「Mac Pro」と合わせて使うことを前提として開発されている可能性もあり、ノート型Macでは一部の上位グラフィックカードを搭載したモデル以外は利用できない仕様であることも考えられる。

価格も相当な価格になるとも予想される。「LG UltraFine 5K Display」は税別144,800円でで販売されている。

(via MacRumors

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac用周辺機器」新着記事
トレンド検索