ソフトバンク、T-mobileも買収する方針固める!世界2位の通信キャリアに!

Softbank(ソフトバンク)
Sprint買収が実現できなかった場合の代替案ではなく、結果的にSprintに加えてさらに買収する形となるようだ!

日本経済新聞によると、ソフトバンクはアメリカの携帯通信キャリア会社「T-mobile US」を買収する方針を固めたと報じている!買収後はChina Mobile(チャイナモバイル、中国移動)に継ぐ世界2位の通信キャリアとなる!

2014年春頃までにはT-mobile株の大半を取得予定

スプリント買収後、世界4位の通信キャリアとなったソフトバンク。今回の買収が成功すれば、7億6000万人を超えるユーザー数を誇るChina Mobileに継ぐ世界2位の通信キャリアとなる。

気付いたら電波の繋がらないソフトバンクが世界に股をかけるソフトバンクになっていた。この業界における変化のスピードの早さを改めて実感している。

買収の確度は非常に高く、成功する見通しとなっている。T-mobileは他社に大幅な遅れを取っているLTEネットワーク網の構築や、この先必要とされるLTE-Advancedネットワーク網の構築に膨大な経費を必要とするため、親会社であるドイツテレコムもT-mobileを切り離す方針で検討を進めているとのこと。2014年春頃までにはT-mobile株の大半を取得する見通しとなっている。

それにしても日本で3位の通信キャリアであると同時に世界2位の通信キャリアであると言うのは、なんとも不思議な感覚だ。

(via ガジェット速報

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法