ソフトバンク、1GBを月額5,000円以下で利用できる料金プランを提供へ

softbank.jpg

総務省からの指摘を受け、国内通信キャリア3社は来年1月までに新しい料金プランを発表する方針であることが明らかになった。

指摘を受け、NHKニュースによると、ソフトバンクはデータ通信量を最大1GB利用することができる5,000円以下の料金プランを新たに導入する方針であると報じている!

データ通信量が少ない人を意識した新しい料金プラン

上限1GBのデータ通信量で5,000円とは安くないと感じる人もいるかもしれないが、現在提供されているライトユーザー向けのプランはデータ通信量の上限を2GBとし、料金も月額6,500円からとなっている。

今回ソフトバンクが導入を前向きに検討している料金プランは毎月のデータ通信量が少ない人向け。上限を1GBに設定する代わりに毎月の料金は1,500円以上安くなる見通し。

ライトユーザー向けの料金プラン発表を受け、ドコモとKDDIも同様の料金プランを発表することは簡単に予想がつく。「持っていないと周りが困るから」という理由でスマホを持っている人は来年以降、毎月の出費が抑えられるようになるかもしれない。

ドコモ、他社から乗り換えのキャッシュバックを廃止へ!「実質0円」も一部見直し

携帯料金、見直しへーー「実質0円」は廃止、各種割引も無くなる可能性


(via Linkman

コメントを残す(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(1件)
  1. 通りすがりの読者

    なんかキャリアは相変わらず分かってないな。
    音声定額を必要ない人用に0~500円にすれば同じ事。

「スマートフォン」新着記事
トレンド検索