ソフトバンク傘下のSprint、T-Mobile USAの買収を断念

Sprint network 【img via Sprint Logo in Kansas City by Neubie

2012年10月にSprint買収を正式発表したソフトバンク。その後、T-Mobile USAも買収する方針を固め、2014年の春頃を目処にT-Mobile下部の大半を取得する予定となっていた。買収の確度は非常に高く、成功する見通しと言われていたが、どうやらここ1年で状況は大きく変わったようだ。


The Wall Street Journalによると、ソフトバンク傘下のSprintはT-Mobile USAの買収を断念したと報じている。理由はFederal Communications Commission(FCC:連邦通信委員会)から同意を得ることが難しいと判断したから。正式な発表は明日行われる予定。

同時に、現在SprintのCEOであるDan Hesse氏は辞任するとのこと。Re/codeによるとBrightstar社のMarcelo Claure氏をCEOに指名していることが明らかになった。

過去にもAT&TがT-Mobileの買収を試みた際にもFCCから避難され、断念している。

(via 9To5Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった