au、SpaceXの衛星ブロードバンド「Starlink」と業務提携

2022年をめどに、全国約1,200カ所から順次導入を開始

Spacex Ptd iTdrCJM unsplash

KDDIは9月13日、SpaceX(正式名称はSpace Exploration Technologies)の高速・低遅延の衛星ブロードバンドインターネットサービス「Starlink」をau基地局のバックホール回線に利用する契約を締結した。これまでサービス提供が困難とされていた山間部や島しょ地域、災害対策においてもauの高速通信が体験可能になる。2022年をめどに、全国約1,200カ所から順次導入を開始する。

Starlinkの通信衛星は、高度約550kmの低軌道上に配置。従来の静止軌道衛星に比べて地表からの距離が65分の1程度にあるため、大幅な低遅延と高速伝送を実現している。KDDIは、光ファイバーに接続された通常のau基地局に加え、Starlinkをバックホール回線としたau基地局を導入し、エリアの補完を目指す。

KDDIは総務省より実験試験局免許の交付を受けており、Starlinkの通信衛星と地上のインターネット網を接続するゲートウェイ局 (地上局) をKDDI山口衛星通信所に構築済み。現在は品質と性能を評価するため、両社共同による一連の技術検証を行っている。

関連キーワード
公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:609761)

    これがiPhone13の衛星通信対応のフラグになるのかな?

「スマートフォン」新着記事
トレンド検索