Sony、完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」を発表!動画視聴時の音声遅延を大幅に低減

ノイキャン性能と音質が向上し、「ハイレゾ相当」の高音質も視聴可能に

Sony WF 1000XM3 Wireless Earphones 1

Sonyは7月5日、完全ワイヤレスイヤホンの新モデル「WF-1000XM3」を発表した。ブラックホワイトの2色が用意され、価格は27,950円(税込)。2019年7月13日に発売を予定している。


進化したノイズキャンセリング機能、遅延を大幅低減

最新モデルはノイズキャンセリング機能と音質、そして通信機能が強化されている。

高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」搭載によりノイキャン性能と音質が向上し、「ハイレゾ相当」の高音質を楽しむことができるアップコンバート技術「DSEE HX」を完全ワイヤレスとして初めて実現することに成功。

新Bluetoothチップ採用とアンテナ構造の最適化により左右の本体それぞれに同時伝送することが可能になったため、接続安定性が大幅に向上し、動画視聴時の音声遅延が改善されているという。

従来は、左右のうち一方が親機、もう一方が子機となり転送する仕組みだったため、遅延が発生しやすかった。先行して実機を試したThe Vergeによれば、映像とのズレは「ほぼ気づかない」レベルだったと指摘している。

ノイズキャンセリング有効でも6時間利用可能、急速充電にも対応

電池持ちは、イヤホンの単体利用でノイズキャンセリング機能が有効化された状態で6時間。無効化すれば最大8時間利用できる。

10分間の充電で90分間利用できる急速充電機能に対応している他、専用の充電ケースで24時間使うことができる。

タッチ操作対応、クイックアテンションモードも利用可能に

イヤピース本体にはタッチセンサーが内蔵され、音楽再生機の再生/一時停止、曲送り/曲戻し、ノイズキャンセリング/外音取り込みの切り替えに対応。

また、電話の着信を受けたり終話させたりなどの操作や、SiriやGoogleアシスタントなどの音声アシスタント機能の起動にも対応している。

Sonyのノイズキャンセリング機能対応ヘッドホンでは実装されているが、一時的に音楽の音量を絞り、周囲の音を取り込んで聞きやすくする「クイックアテンションモード」も完全ワイヤレスイヤホンとして初めて搭載。急に流れる車内アナウンスを聞き取るのに重宝する。

価格は27,950円(税込)、2019年7月13日発売予定

なお、「WF-1000XM3」は防水仕様ではないため、運動用に使うことはおすすめできない。

予約・購入は下記からどうぞ!

「イヤホン」新着記事
トレンド検索