Sony、LinkBuds Sを正式発表。カナル式&ノイキャン対応、LE Audioサポート予定

世界最小・最軽量のノイズキャンセリング対応Hi-Res対応完全ワイヤレスイヤホン

Sony LinkBuds S Press Image

Sonyは5月19日、アクティブノイズキャンセリング(ANC)対応のカナル型完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds S」を海外発表した。世界最小・最軽量のノイズキャンセリング対応Hi-Res対応完全ワイヤレスイヤホンだという(2022年3月時点)。国内価格は26,400円で、6月3日より発売を予定している。

LinkBuds Sの特徴や対応する新機能は、以下のとおり。

ANC有効時のバッテリーは最大6時間、急速充電対応

LinkBudsは、穴開きドライバーを採用した独特のデザインが特徴だったが、LinkBuds SはSonyのワイヤレスイヤホンシリーズ最上位モデルWF-1000XM4に似たカナル型イヤーチップを採用。ノイズキャンセリングにも対応し、有効時のバッテリー駆動時間は最大6時間。無効化すれば最大9時間の再生時間が期待できる。ケースのUSB-Cポートを使用すれば、5分間で1時間の音楽再生が可能な急速充電にも対応する。

超軽量、2つのマイクを搭載

本体重量は片耳4.8gとなっており、WF-1000XM4より34%軽量。「統合プロセッサーV1」と5mmのドライバーを搭載し、内側と外側に搭載された2つのマイクを組み合わせ、騒がしい環境でもクリアな会話を実現する。

SBC、AAC、LDAC対応、LE Audioにも対応予定

対応コーデックは、SBC、AAC、LDACに加え、超低遅延のBluetooth新規格「LE Audio」をサポートする予定。圧縮音源をアップスケールする「DSEE Extreme」、空間オーディオ技術「360 Reality Audio」もサポートする。

IPX4対応、外音取り込みモード関連機能もサポート

イヤホン本体は、IPX4の防水規格を満たす。外音取り込みモードとANCモードの自動切り替え、身につけた状態で話すと自動的に外音取り込みモードに切り替わる「Speak-to-Chat」機能なども対応している。

公開情報
更新日2022年05月19日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:626478)

    何のために作ったんだこれ

「イヤホン」新着記事
トレンド検索