Anker、ノイキャン対応&最大50時間再生が可能な完全ワイヤレスイヤホンを発売

「Soundcore Space A40」が販売開始

A3936011 Lifestyle Image 06

Ankerは9月21日、オーディオブランド「Soundcore」より完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Space A40」を販売開始した。

特徴は、ミニマルなデザインを採用した日常使いに最適な仕様とサイズ。アクティブノイズキャンセリングを搭載したSoundcoreの完全ワイヤレスイヤホン史上最小サイズを実現し、装着時も耳にすっぽりと収まる。ケースもコンパクトでポケットや小さなバッグに入れやすい。片耳約4.9gの軽量設計で、長時間の使用でも耳が疲れにくい。

電池持ちは、ノイズキャンセリングを有効にした状態で、単体で最大8時間、ケース付きで最大40時間。LDAC使用時でもタイタイで最大6時間、ケース付きで最大30時間使用でき、標準再生状態であれば単体で最大10時間、ケース付きで最大50時間再生できる。

基本機能も充実している。同時に2台の機器と接続できるマルチポイントに対応し、ケースはワイヤレス充電が利用可能だ。カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、ネイビーの3色が用意されている。

Space A40 main

ノイズキャンセリング機能は、環境に合わせてアクティブノイズキャンセリングの強度を自動で調整するAnker独自技術の「ウルトラノイズキャンセリング2.0」を搭載。専用アプリを併用することで、ノイズキャンセリングモードや外音取り込みモードの切り替えなど各種カスタマイズが行える。

Bluetooth 5.2をサポートし、充電端子はUSB-C。防水規格はIPX4を満たし、コーデックはSBC、AAC、LDACをサポートする。

ギャラリー

公開情報
更新日2022年09月21日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「イヤホン」新着記事
トレンド検索