Anker、音楽が聞けるブルーライトカットメガネとグラサンを発売

「Soundcore Frames Cafe」と「Soundcore Frames Landmark」が発売、価格はいずれも19,990円

Anker Soundcore Frames 01

Ankerは6月1日、メディア向け発表会「Anker Power Conference – ‘22 Spring」(4月13日開催)で発表した、オーディオブランド「Soundcore」のオーディオグラス2種類を販売開始した。ブルーライトカットレンズを搭載した「Soundcore Frames Cafe」、サングラスタイプの「Soundcore Frames Landmark」を販売開始する。価格はいずれも19,990円。

Anker Soundcore Frames 03
左がLandmark、右がCafe

Soundcore Framesシリーズは、リモートワークなどの働き方が増える中でイヤホンの長時間利用による耳への負担、在宅ワーク中に子どもの声が聞こえないなどのトラブルを踏まえて開発。独自のOpenSurroundオーディオシステムを採用し、耳の周りに4つのスピーカーを搭載している。マイクは2つ搭載されており、通話も可能だ。

Soundcore Frames Cafeは、ブルーライトを20%カットするレンズを搭載。Soundcore Frames Landmarkは、衝撃や傷に強く紫外線A/B波を最大99%カットする偏光レンズを採用している。

Anker Soundcore Frames 02
Soundcore Frames Landmark

両モデルともに満充電で最大5.5時間の音楽再生が可能。充電は専用の磁器充電ケーブルを使用。フル充電は約1時間。10分間で最大1.5時間の音楽再生になる短時間充電にも対応する。IPX4の防水仕様となっており、幅広い環境で使用できる。

ギャラリー

関連キーワード
公開情報
更新日2022年06月01日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:624203)

    BOSEのよりゴツくなくて良いですね!

「イヤホン」新着記事
トレンド検索