【レビュー】骨伝導式ワイヤレスイヤホン「AfterShokz TREKZ TITANIUM」ーー屋外でも安全、疲労を軽減

TREKZ TITANIUM Wireless Headphones

1人でトレーニングするのは心細い。だからこそ音楽を聴きながらトレーニングする人が多いのだろう。僕も例外ではないが、音楽で周囲の音をシャットアウトして良い時と、しない方が良い時がある。

例えば、夜道をランニングしている時。お気に入りの曲を流したり、最近ハマっているポッドキャストを聴いたりするのもいいが、常に周りの状況が確認できる状態の方が好ましい。

そこで、今回紹介するのがAfterShokz TREKZ TITANIUM」という骨伝導式ワイヤレスイヤホン。頬骨から内耳に微細な振動を伝えることで音声を伝達するため、周囲の音を聴きながら自分好みの音も聴くことができる。

「Slate Grey」というグレーモデルを1台サンプルとして提供して頂いたので、その魅力を紹介する!

IP55の防塵・防滴性に対応、連続6時間の使用が可能

まずは「AfterShokz TREKZ TITANIUM」の外観からチェックしよう。

通常の運動用イヤホンと比較して少し見た目がゴツゴツしているかもしれない。モバイルでアクティブなライフスタイルを想定した設計が採用され、ナノテクノロジーコーティングと防水ゴムガスケットによるIP55防汗機能を備えている。普段使いにしても特に問題はないが、基本的にはフィットネスやスポーツ時に使用することが想定されている。
TREKZ TITANIUM Wireless Headphones

本体はこのように形状が固定されるネックバンドタイプ。本体重量は約36g。
TREKZ TITANIUM Wireless Headphones

100,000回以上の耐久テストに合格した優れた柔軟性と繰り返し使用できる耐久性を兼ね備えた、チタニウムを採用。ラバーコーティングされているので肌さわりもよく、程良いグリップ感がある。
TREKZ TITANIUM Wireless Headphones

このようにぐにゃっと曲げても元通りの形状にすぐ戻る。わざわざこのような状態にすることはないが、運動で使うことを想定しているため、耐久性があることに越したことはない。
TREKZ TITANIUM Wireless Headphones

いざ運動を開始しようとしてイヤホンを付けたら電池切れ、という状況は極力避けたい。「AfterShokz TREKZ TITANIUM」は最大約6時間再生が可能となっていて、スタンバイなら約10日間、充電なしでも使用できる。また、1.5時間でフル充電できる点も良い。
TREKZ TITANIUM Wireless Headphones

各種ボタンは左側のイヤピースおよびネックバンドに配置されていいる。左から順に「音量小」「音量大/電源」が配置され、その隣は本体充電用のMicro USB端子。覚えるのが大変だが、両ボタンを2秒長押しするとEQ設定が変更できたり、音楽再生停止中に音量ボタンのいずれかを押すと残電池量を教えてくれる。
TREKZ TITANIUM Wireless Headphones

EQは2種類用意され、低音をブーストしバイブレーションと共に迫力あるサウンドが楽しめるモードと、低音とバイブレーションを控えめにして落ち着いて音楽を楽しめるモードがある。デフォルトは前者。

左側のイヤピース部分にはマルチボタンが配置され、音楽操作が可能。マイクも内蔵されているので通話もでき、ノイズキャンセル機能が搭載されているため、通話時における周囲のノイズを排除することも可能。
TREKZ TITANIUM Wireless Headphones

装着感は良好、音質は骨伝導の割りには良いかも?

骨伝導式イヤホンという特性上、通常のイヤホンとは付ける位置が異なる。耳の中にイヤピースを入れるのではなく、耳珠に乗せ、ネックバンドを耳の裏に掛けるような状態で使用する。
TREKZ TITANIUM Wireless Headphones

骨伝導式イヤホンで気になるのは音漏れだが、自宅で音楽を流した状態で妻に確認してもらったところ、「割と聞こえる」という評価が下された。同じスポーツ用イヤホンでもカナル型と比べるとやはり音漏れは多いのかもしれない。

とはいえ、そもそも「AfterShokz TREKZ TITANIUM」は基本的に運動時に使用するもの。周囲の音が聞こえる状態で使うことが前提となっているため、音漏れはそれほど問題にはならないはず。

重要なのは骨伝導式イヤホンの音質。結論から言うと、期待するべきような音質ではない。音楽を高音質で楽しみたいという人は避けるべきだろう。

ただ、これも周囲の音が聞こえる状態で使うことが前提である以上、音質を求めるのはナンセンス。むしろ、骨伝導の割には意外と音が良いようにも思えた。

僕は何日間かジムで使用しているのだが、自分の予想以上に気に入っている。従来はトレーニングに集中するために音楽を流して周りをシャットアウトしていたが、「AfterShokz TREKZ TITANIUM」にしてからは周囲の音も聞きながら好みの音楽を流す方が圧迫感が少なく、快適であることに気がついた。どうやら僕は閉塞感が苦手らしい。

また、耳に直接イヤピースを入れないことによって耳の中が蒸れないという点も気に入っている。僕は汗だくになると耳の中も汗ばんでしまうのだが、「AfterShokz TREKZ TITANIUM」なら仮にそうなっても問題ない。

気になるのはこのデザイン。見た目も付け心地も良いのだが、首を上げると必ず首がぶつかってしまい、ズレてしまう。ズレると音の聴こえ方も変わってしまうため、非常に煩わしい。
TREKZ TITANIUM Wireless Headphones

またイヤピースが若干暖かくなることは気になる。じんわりと暑くなるのは骨伝導式である以上、仕方ないかもしれないが、気になる人は気になるかもしれない。

総じて、「AfterShokz TREKZ TITANIUM」は運動用のワイヤレスイヤホンとしてとても気に入っている。屋外でランニングやジョギングをする人、僕のようにジムで好きな音楽を気軽に流したいという人はチェックしてみるべし!