Samsung、さり気なくiTunes Storeのパクリアプリプラットフォーム「Samsung Content & Services」を公開!

Content and Services

特技は「二番煎じ」。あの韓国企業がお得意のパクリサービスをリリースした!

Samsungは明らかにAppleを意識した製品を発表することが多かったが、これまではあくまでもハードウェアに限った話だった。ついに彼らはソフトウェアの領域まで来てしまった。

Samsungは数日前にAppleのiTunes StoreやGoogleGoogle Playを強く意識したサービス「Samsung Content & Services」を公開した!

さすがSamsung!サービス名もインタフェースも最悪!

「Samsung Content & Services」は、簡単に言うとSamsung独自のポータルサイト。アプリが複数のジャンルに分類され、それぞれのイチオシや人気のものが並ぶ。

冷静に考えてメーカーのポータルサイトは珍しい話ではない。ただし、「Samsung Content & Services」で提供されているアプリの中に「Find My iPhone」のパクリサービス「Find My Mobile」や「AirPlay」のパクリサービス「AllShare Play」などが提供されていることから、やはりAppleを強く意識しているのではないかと思わずにはいられない。

Samsung Content & Services

相変わらずの二番煎じだが、この先SamsungがAndroidからTizenにシフトすることを考えると、完全に独自のOSとなるのでこのような独自アプリプラットフォームはいずれにせよ必要になるのかもしれない。

お決まりのパクリ!Samsung、Apple Storeと酷似した自社ストアをオーストラリアでオープン!


(via Cult Of Mac