Samsung、右端だけ湾曲した不思議なデバイス「Galaxy Note Edge」を発表!

Galaxy Note Edge


【img via Endgadget Japanese

SamsungからSamsungらしい、最先端技術を取り入れた不思議なデバイスが発表された!

その名も「Galaxy Note Edge」。最大の特徴は右側だけ湾曲している特殊なディスプレイを採用していること。上記写真では1枚のディスプレイであるかのように見えるが、実は湾曲した部分は独立している。よって、細長い曲面型のサブディスプレイが端末の側面にあるようなイメージとなっている。

ディスプレイの解像度は湾曲した部分(Samsungはここを「Edge Display」と呼んでいる)が2,560✕160。メインのディスプレイ解像度は2,560✕1,440のQHDとなる。

以下に「Galaxy Note Edge」のスペック、ならびに写真や動画を紹介しているメディアをまとめておく!

「Galaxy Note Edge」のスペック

OS Android 4.4 KitKat
CPU 2.7GHz クアッドコア
ディスプレイ 5.6インチ有機EL(2,560✕1,440 + 1,440✕160)
メモリ(RAM) 3GB
内部ストレージ 32GBもしくは64GB
外部ストレージ 最大64GBのMicroSDカードスロットを搭載
外向きカメラ 1,600万画素(光学手ブレ補正搭載)
内向きカメラ 370万画素
バッテリー容量 3,000mAh(交換可能)
重さ 174g
備考 NFC対応
発売時期 2014年後半

「Galaxy Note Edge」の写真をチェック!

The VergeEndgadget Japaneseが「Galaxy Note Edge」の不思議な湾曲ディスプレイが良く分かる写真を多数公開していたので、それぞれリンクを載せておく!

速報:サムスンGalaxy Note Edge発表、2560×1600ドット表示の曲面ディスプレイ搭載 – Engadget Japanese

The Galaxy Note Edge is a flagship phone with an entirely new kind of curved display | The Verge

「Galaxy Note Edge」のハンズオン動画をチェック!

既に海外メディアは「Galaxy Note Edge」を実際に手にしてハンズオン動画を公開している。そもそも使い勝手がいいのかどうかは写真で判断するよりも動画で見た方が良いと思うので、以下に数本載せておく!

(via Endgadget Japanese