「Android L」のバッテリー効果は絶大だ!電池持ちが36%も長くなることが明らかに!

Android L available
先日開催された「Google I/O 2014」の目玉でもあった「L Developer Preview」。洗練された新しいデザインが注目されているが、実はOSを搭載したデバイスの電池持ちを最大90分伸ばすことができると発表されている。


その発表内容をArs Technicaが検証した結果、なんと同じデバイスでも「Android L」が動作している時の方が「Android 4.4 KitKat」に比べて36%も電池持ちが長かったことが明らかになった!

「Android L」をインストールするだけで電池消費が抑えられる

実は「Android L」にはバッテリーの消費を抑える「Battery Saver」機能が搭載されているのだが、今回の検証結果はこの機能を使わなかったそうだ。つまり、インストールするだけで電池持ちが長くなるということなのだ!素晴らしい!

テスト内容としては同じ「Nexus 5」でディスプレイを点灯させWi-Fiに接続したまま、電池がなくなるまでウェブページを15秒頃にリロードし続け、それらの時間をOSごとに比較。その結果は以下の通り。

Android battery test 【img via Ars Technica

「Android L」が動作する「Nexus 5」の方が「Android 4.4 KitKat」が動作する「Nexus 5」よりも36%も長く使い続けることができたそうだ。これは時間に換算すると約2時間。1日2時間長くスマホを使うことができるようになるのはかなり大きい。

「Android L」は内部のデザインが変わるだけではない。2時間も長く使い付けることができるようになるのだ!まだあくまでもテスト段階はあるものの、バッテリーが改善されることを歓迎しない人はいないだろう!今から正式リリースが楽しみだ!

【Google I/O】Google、「L Developer Preview」を公開!洗練された次期Android OSのデザインが明らかに | gori.me(ゴリミー)

(via Boy Genius Report

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法