Apple、自動運転開発チームから190名を解雇へ

Apple Car Concept

Appleは「Project Titan」と呼ばれている自動運転開発チームから190人の従業員を解雇することが明らかになった。

SFChronicle.comによると、これはカリフォルニア州雇用開発局への提出書類によって判明。今年1月下旬にAppleは電気自動車プロジェクトのチームから200人以上を放出したと伝えられていたが、Appleの広報担当Tom Neumayr氏は同じ内容であることを認めた。

現時点では競合と比べると完成度は極めて低い

解雇されるのは主にエンジニア。エンジニアリング・プログラム・マネージャー38名、ハードウェア・エンジニア33名、プロダクトデザイン・エンジニア31名、ソフトウェア・エンジニア22名が影響を受ける。執行日は4月16日。

Appleが2017年11月31日から2018年12月1日までに行ったテスト走行距離は、Googleの子会社であるWaymoやGeneral MotorsのCruiseと比較して非常に少なかった模様。

その影響か、Appleの自動運転自動車は1.1マイルごとにエラーが発生したか人間が操縦する必要があったことという。Waymoは11,017マイルごと、Cruiseは5,204マイルごとだったことから、Appleの自動運転システムの完成度は現時点で極めて低いことが伺える。

関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索