【独占インタビュー】全世界で1億DL突破!Cheetah Mobile CEOが語る、Androidアプリ市場を制覇するための戦略

Sheng Fu(Cheetah Mobile)
皆さんはCheetah Mobileという会社を知っているだろうか。もし社名を知らなかったとしてもAndroidスマートフォンを使っている人であれば同社の世界的に有名なクリーナーアプリ使っているかもしれない。

Clean Master」は世界50ヶ国でカテゴリ1位を獲得し、全世界で1億ダウンロードを突破しているタスク管理アプリ。レビューも200万件以上に上り、総合評価はなんと4.7を記録。見た目はシンプルだが驚くほど高機能。にも関わらず無料。高い評価を得ているのも納得できる。

CleanMaster[キャッシュ/タスク/履歴の削除]
制作: Cheetah Mobile
価格: 無料
平均評価: 4.7(合計 13,158,716 件)
posted by: AndroidHTML v2.3

Cheetah Mobileは今年5月に上場。設立3年で同社を上場させたCEO、Fu Sheng氏は中国大手企業XiaomiのCEO、Lin Bin(レイジン)氏に「中国のIT企業で3本の指に入る人物」と言われた敏腕経営者。

世の中色々と不思議なもので、世界トップレベルの経営者になぜかこの僕が質問状という形でインタビューさせて頂く機会に恵まれた。GoogleやFacebookも注目するこの手腕経営者がどのようにしてCheetah Mobileを大きくしてきたか、そしてどのようにAndroid市場を制覇してきたのかについて教えて頂いたので、一字一句すべてを紹介する!

非常に濃い内容となっているので、Androidアプリデベロッパーの皆さんは是非ご覧あれ!

Clean Masterは米・英・濠・カナダ・日本など複数の国のアプリ市場でランキング1位を獲得するなど素晴らしい功績を残していますが、チーターモバイルの製品はほとんどツール類しかないようです。ゲームが一番人気な今の時代の流れに乗らず、ツール類のアプリばかりを開発しているのはなぜですか?

チーターモバイルは「キングソフトセキュリティ」及び「Conew映像技術」両社から合併した会社で、PCセキュリティの分野では十数年の技術経験を持っているからです。

また、私たちチーターモバイルは、インターネット時代で一番コアー的なニーズがシステムクリーニングやセキュリティ回りにあるのを気づき、この市場のメカニズムに従い、私たち自身の長所を発揮し、CleanMasterをはじめ、同分野にある製品のエコシステムを作り、世界で最も規模の大きいモバイルツールアプリ開発者になっていきたいからです。

日本のアプリ市場は日本独自の文化や習慣を反映していると思いますが、チーターモバイルはどのようにこうした市場を捉えているのですか?

日本市場には将来性があり、重要かつこれから主な市場の一つだと考えております。

また、モバイルデバイスのセキュリティや個人情報の保護は日本ユーザーに非常に強く求められているのが事実です。弊社はCM Securityという製品をリリースしたところ、半年にもなっていない時点で日本のツール類ランキングで5位を確保できました。

現在のチーターモバイル製品ラインナップは、ほとんどAndroid版しかないですが、これはなぜですか?また、これからiOSにも力を入れる予定がありますか?

弊社の製品は主に、ユーザーがスマホを使用中に遭うメモリ不足・デバイスの発熱・スマホウィルスなどのセキュリティ問題を解決するためのアプリです。これらの問題は、主にAndroidシステムの問題で、iOSではそんなに起きていませんので、iOSユーザーからのニーズはそれほど多くありません。

とはいえ、弊社はずいぶん早い段階から既にiOSアプリを提供してきました。そのPRにはそれほど力を入れていないだけです。主なiOS向けの製品には、バッテリーの使用状況を把握できる「Battery Doctor」や、動画鑑賞に強い「CMブラウザ」のiOS版などがあります。もちろん、将来的にも、iOS分野でもっと努力していきたいです。

この間CCTV Americaからの取材に応じたとき、なぜ上場するのかと聞かれたら、世界で知名度を高めたいという答えをしましたが、この狙いはどう実現できるのですか?また、日本市場での知名度向上のために、何か対策などがありますか?



上場=成功だというわけではありません。会社のことを社会にもっと知ってもらい、透明化するためなのです。これからも、日本での展開を製品中心の方針にし、日本ユーザーを満足していただけるようにより良くローカライズ化したものを作っていきたいです。ユーザーが満足しているなら、当然、評価してくれるはずです。

CCTV Americaの取材で、「面白いゲームも開発している」と言っていて、収益も獲得するという狙いも表明していらっしゃったのですが、現在の製品ラインナップとあまり関係なく、市場も飽和しつつあるゲームを開発し、どこの国の市場で収益を実現するつもりですか?また、どんなゲームを開発しているか聞いてもいいですか?

私たちは全世界でのユーザー数が5億人も超えています。この圧倒的に大きい数字は私たちの収益獲得のキーです。アプリやソフトは無料で提供していますが、広告収益や付加サービスで収益を確保できます。ゲームの代理業務もこれから私たちの営利方法の一つになると思います。

私たちはゲームを自分で開発しているわけではありません。ゲームメーカーや開発者と一緒に製品を運営するか、ゲーム製品の代理店として市場に参入するかという手法を使います。最近は。「白いタイルをタップしないでください」というゲームの代理権を獲得し運営していまして、Googleで人気ゲームにさせました。今年のGoogle ioでも話題になっていました。

短期間で収益を実現しようとする開発会社が多数存在していますが、チーターモバイルの全てのアプリは無料で展開しています。確かに無料にすることで大量なダウンロードがもらえるのですが、料金が発生しないため資金不足で運営に支障する可能性もなくもありません。チーターモバイルはダウンロード数と収益を同時に確保するのにどのような工夫をしていますか?

インターネットのおかげで、この世界が以前よりかなり自由で平等になりました。インターネットの発展は、世界中のユーザーを繋げることもできました。無料製品を提供することは、インターネットの時代こそ、必要なビジネス革命だと考えております。

無料にすることは直接な金銭的な収入を得ることができません。しかし、ユーザー数とユーザーからの評価といった、より大事なものがもらえるのです。こんなに多くのユーザーには、ソフトを使うほかにもたくさんのニーズが存在しています。私たちの収入は、そういったニーズを狙う別業界の広告主やその広告代理店からも出てきますし、なんらかの付加サービスでも発生しうります。これで私たちは、ユーザーと様々な業者の架け橋役だともいえるでしょう。

チーターモバイルの商品はそれぞれも大量なユーザーを持っていますが、維持・バージョンアップ・ユーザー対応などでかなり手間がかかるのでしょう?製品の運営については、チーターモバイルはどんな対策を持っているのですか?

実際の経験から説明しましょう。現在、チーターモバイルはグローバル市場で数タイトルのアプリを公開しております。ランキングがトップ50以内の非ゲームアプリには、弊社の製品が4つもあるのです。(Clean Master、Battery Doctor、CM Security、Photo Grid)そのうち、Clean Masterは長くグローバル市場のツール類の1位を独占しております。世界中最大級のスマホツールアプリ開発会社として、Google Playにおいてこれまで成功している原因は、以下4つにまとめられると思います:

1. 他人が気づいていないところから業務を開拓する

1年前、中国でPC分野のシェアがまだ大きかったときから、私たちはすでに全般的な事業方針変更を開始し、まだそんなに気づかれていなかった海外市場に参入しました。これで中国国内の各大手との直接的衝突を避けることもでき、グローバル化も成功できました。

2. フォーカス

私たちは競合他社とセキュリティ分野で直対面することにせず、当時外部から将来性がはっきりと見えていなかったシステムクリーニングという機能だけに注力しました。Clean Masterという小さいアプリに200人もアサインし、この製品をきわめて高い品質で実現することができました。

3. エクストリームな体験を

私たちは、ユーザー体験(UX)を非常に重視している者です。不要ファイルを整理する能力も動作のスピード・もインターフェスや見た目も世界1のレベルを達成できましたので、すぐに同種製品を圧勝することができました。(現在Clean Masterの平均点数が4.7点、1026万人からレビューをいただきました)

4. ユーザーの評判を重視

社内では、「1時間内対応」という黙然なルールがあります。どこの国のユーザーでも、常時GooglePlayでコメントでフィードバックすることができ、専任従業員による1時間以内での質問対応・問題解決を要求できます。私たちの顧客サービス部隊には、アメリカ・インド・北欧・日本など様々な国籍のメンバーがおり、ユーザーのお使いの言語で返答することができます。

日本にも、グローバル市場に参入したいというソフト開発会社がたくさんあります。これらの会社に対して、世界に挑むためのアドバイスをいくつかいただいてもよろしいですか?

インターネットのブームは中国のインターネット会社を業界の中心位置に押し込んでいます。実は、中国の会社だけではなくて、世界のどこの国でも、インターネットのおかげで世界に一歩を踏み出すことができるのです。

もちろん、グローバル市場に入るためにそれなりの難しさもあるわけです。主な困難は: 国ごと、ユーザーの習慣と言語が異なっているということです。確かに、どこのユーザーでもスマホツールから似たようなものを求めてはいるのですが、使い勝手や操作の習慣などに大きく違っています。

例えば、アメリカのユーザーは、特に権限に敏感ですが、中国のユーザーはそうではありません。また、言語の違いは業者とユーザーの間に壁を設置しており、それを乗り越えるためには時間とコストが必要です。これについては、特にソーシャルネットワークサービスへの影響が大きいです。

なので、世界のユーザーの共通的なニーズを把握した上、如何に各地へのローカライズ化サービスやご当地イノベーションをうまく実現するのは、各社にとっての課題です。

CleanMaster[キャッシュ/タスク/履歴の削除]
制作: Cheetah Mobile
価格: 無料
平均評価: 4.7(合計 13,158,716 件)
posted by: AndroidHTML v2.3

オススメ
Sheng-Fu.jpg

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  3. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
    「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
  4. 25-more-hidden-ios10-features.png
    「iOS 10.2 Beta 5 / Public Beta 5」、配信開始
  5. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法