【レビュー】「Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch」ーー1本のケーブルで2つのデバイスを充電

Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch
Apple Watch」を使うためにiPhoneは必要不可欠。にも関わらず、充電器はそれぞれ別にある。デスクで充電しようとした場合、2つのコンセントを専有するため不便だ。

そこで今回紹介するのはiPhoneと「Apple Watch」を並べて充電することができる充電スタンド「Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch。1本のAC電源ケーブルで2つのデバイスを充電できる、シンプルで無駄のないデザインが魅力だ。



Apple Online Store限定となっているこのドックだが、サンプルを提供して頂いたので紹介する!

シンプルだがドックとしての細かい配慮が素晴らしい

まずはパッケージと本体の外観をチェック!

パッケージと同梱物をチェック

パッケージ写真を見るとそれほど重いようには見えないが、箱を持つと想像以上に重い。ただ、ドックが重いことは非常に良いことだ。iPhoneを取り外す時にドックはしっかりと机の上で固定されて欲しいからだ。
Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch
箱を開けるとすぐに本体がお披露目。余計な固定バンドなどはなく、簡単に取り出すことができるのが素晴らしい。カッターやハサミを使わなければ開けられないパッケージはどう考えてもユーザービリティを損なうので本当に絶滅するべき。
Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch
これが「Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch」とその同梱物。このドックは電源に直接接続して使用するタイプであり、MacにUSB経由で接続するものではない。なお、写真には写っていないが、電源用変換アダプタがもう1種類あったことを書き終えてから気がついた。
Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch

外観をチェック

続いて本体の外観をチェックする。右下に「belkin」のロゴがある以外はiPhoneと「Apple Watch」の充電ポートしかない。左側にiPhoneを充電し、右側に「Apple Watch」を置くようになっている。
Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch
底面は滑り止めとなるゴム素材が使用されている。
Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch
こちらがLightning端子。後ほど解説するが、ケースを付けたままでも利用できるよう、高さを調整できるような仕様になっている。
Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch
こちらが「Apple Watch」用の充電端子。この製品最大の特徴は、まさにこの部分。これまでは「Apple Watchマグネット式充電ケーブル」を埋め込み使用するスタンドやドックしか販売されていなかったが、「Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch」はマグネット式充電ケーブルが内蔵された初のサードパーティ製品。余計なケーブルを用意する必要もなく、洗練されたデザインを堪能できる。
Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch

iPhone 6s Plus」「Apple Watch」を載せてみた

では実際に僕の「iPhone 6s Plus」「Apple Watch」を載せてみた状態で「Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch」を紹介する!

こちらが「REAL SHIELD」を付けた「iPhone 6s Plus」とステンレススチールケースの「Apple Watch」。これまでiPhoneの充電用に「iPhone Lightning Dock」、「Apple Watch」の充電用に「Spigen S350」を使っていた身としては、一箇所に2つのデバイスがまとまってくれて非常にありがたい。ケーブルも1本になり、机の上がスッキリした。
Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch
実際、どのように「iPhone 6s Plus」を支えているのかを紹介する。Lightning端子は前後動くようになっているが、「iPhone Lightning Dock」のように端子だけでiPhone本体を支えるのはあまりにも怖い。「Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch」はiPhoneを立て掛けることができるので充電中も安心して放置できる。
Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch
ケースを付けたiPhoneでも充電できるようにするための配慮がされている。先ほどLightning端子は前後に動くことを紹介したが、裏にあるダイヤルを回すことによってLightning端子が上下にも動くのだ!
Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch
1番高くまで上げるとこのような状態に。このままでも充電することはできるが、端子に負担が掛かりあまりよろしくない。
Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch
そこでダイヤルを回し、iPhoneの底面がドックの土台に触れるところまで下げましょう。この状態にしておけばLightning端子の負担も抑えられる。
Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch
「Apple Watch」の充電台に関しては特に目立った機能は用意されていない。マグネット式充電端子が内蔵されているため、「Apple Watch」をこの上に置けば充電が開始される。支柱の金属がステンレスチールモデルのボディとマッチしていて統一感がある。
Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch
なお、バンドを整えるためにバンドサポート用のハンガー付属している。必要であればこれを端子部分に取り付けて使うこともできる。
Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch
ハンガーを付けた状態。僕は毎回キレイに置くのが面倒なので使っていない。
Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch

ケーブルも1本で済み、1箇所で充電できて便利!

Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch
電源ケーブルをコンセントに挿し、本体と繋げて「iPhone 6s Plus」と「Apple Watch」を充電してみたところ、どちらのデバイスも無事充電が開始された。机の上もスッキリしたので大満足だ。

Belkin Charge Dock for iPhone and Apple Watch」はApple Online Store限定の取り扱いで価格は14,980円。ドックとしては少々高いかもしれないが、Appleお墨付きのクオリティであるということ、ケーブル1本で2つのデバイスを充電することができるということ、そしてシンプルでオシャレであることを考えるとリーズナブルかもしれない。

デスクの上は無駄を省きエレガントにしたい、という思いがある人は一度チェックしてみるべし!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告