【OS X Yosemite】SafariでYouTubeが正しく再生されない不具合が明らかに

Youtube on safari not working 【img via MacRumors

OS X Yosemite」のSafariでYouTube動画が正しく表示されない、エラー画面が表示されてしまう、という人はいないだろうか。

これらに関する質問は既にApple Support CommunitiesYouTube Help Forum にて多数投稿されているが、MacRumorsによると、どうやらこれはOS X Yosemite」のバグのようだ。

再生しようとしても音声のみ、もしくは黒いエラー画面が表示される

再生前にエラーメッセージが表示されるものの、最終的に動画が再生されるというのはまだ再生されるだけ良い方だ。一部のユーザーは音声のみの再生黒いエラー画面が表示されることを報告している。人によってはSafariがクラッシュするという人もいるとのこと。

現在はこれらの問題に対する対処法は明らかになっていない。Google ChromeやFirefoxなど他のブラウザではこのような不具合は発生していないため、どうしてもYouTubeを見たいという人は一時的にSafari以外のブラウザで視聴しましょう

問題が発覚した当初は「OS X Yosemite 10.10.1」に関する不具合であると思われたが、「OS X Yosemite 10.10」が動作するMacでも同様の問題が発生している模様。

YouTubeは今やテレビと同等もしくはテレビ以上の影響力を持つ。OS標準のブラウザで見られないのは大問題なので、早急に対応を期待したい。

(via MacRumors

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトムービーが公開ーー5.8インチ型の曲面有機ELディスプレイ搭載、ワイヤレス充電対応
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ