Amazon、新型「Fire 7タブレット」を発売。キッズモデルにも新モデル

4コアCPU、10時間バッテリー、microSDカードスロットによる最大1TBのストレージ拡張に対応

New Fire 7 Tablet series 14

Amazonは5月18日、新世代「Fire 7 タブレット」(6,980円)と「Fire 7 キッズモデル」(12,980円)を発表した。いずれの製品も予約受付を開始しており、6月29日に発売を予定している。

新型Fire 7 タブレット

New Fire 7 Tablet series 07

新型Fire 7 タブレットは、2GBのRAMと2.0GHzのクワッドコアプロセッサを搭載し、前世代機に比べて処理速度が最大30%高速化。1回の充電で利用できる駆動時間が最大10時間になり、前モデルと比べて40%増となった。

16GBの内蔵ストレージに加えて、microSDカードスロットが用意され最大1TBまでストレージ容量の拡張が可能。最大約20,000冊に相当するマンガをダウンロードして持ち歩くことができる。

充電ポートはUSB-C(2.0)を採用。純正カバーは、ブラック、ブルー、ラベンダーの3色が用意されている。

新型Fire 7 キッズモデル

New Fire 7 Tablet series 11

Fire 7 キッズモデルは、新型Fire 7 タブレットと同様に、2GBのRAMと2.0GHzのクワッドコアプロセッサ、USB-Cポート、最大10時間のバッテリー、16GBの内蔵ストレージ、microSDカードスロットによる最大1TBのストレージ拡張が利用できる。

前機種同様にセサミストリート、学研プラスなどの学習系コンテンツや、ヨシタケシンスケの『りゆうがあります』を含む電子書籍など、数千点のコンテンツが使い放題になる「Amazon Kids+」が1年間利用できるサブスクリプションがついている。

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
更新日2022年05月18日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:626450)

    2017年に安さに釣られて買ったFire 7は低スペックすぎて全然使い物にならず、今は埃をかぶっています…
    新型はどうなんでしょう…?RAM2GBがfire OSにとってどうなのか、レビューが気になります

「Amazonデバイス」新着記事
トレンド検索