Android Marketが大幅アップデート、検索が強化されて多少便利に

本当にGoogle I/Oで発表された内容が盛りだくさん過ぎて追いきれていないのだが、どうやらAndroid Marketが大幅アップデートされ、検索が強化されたらしい。本当にAndroid Marketの使い勝手の悪さは尋常じゃないので、Androidユーザーには非常に嬉しいお知らせなのではないだろうか。

具体的には以下の機能が追加された。

New top app charts

TOPに表示されるアプリ一覧の更新頻度を上げ、ローカライズされたそうだ。ただ、更新頻度と評価基準は正直分かっていない。ついでに、top new free、top new paid、top grossingのアプリがサイドバーに表示されるようになった。

Editors’ Choice
editors choice

Android Marketのスタッフが選んだ各カテゴリの優良アプリが掲載される。事務局が選定したものだから安心してダウンロードできそうだね。

Trending apps

その時トレンディングしているアプリが表示される「人気のアプリ」が追加された。これも更新頻度と判断基準が不明だが、イメージとしてはTwitterで言うところのTrending Topicsと同じような位置づけなのではないかと。

Top Developers
今後は、Android Market内で人気のアプリや高品質なアプリを作っている開発者が評価され、しっかり認知されるようにする。具体的には優良開発者アイコンのようなものをマーケット内に表示するとされているが、これを書いている段階で見た限りでは見つからなかった。

Better related apps

各アプリのページの左サイドバーにある関連アプリの表示方法が変更になっている。User Also Viewed(このアプリを見た人はこのアプリも見ています)というジャンルと他にインストールしたアプリの2種類が表示されるようになっている。ちなみにこれも僕が見た時点では、アプリによっては両ジャンルが表示されないものもあった。

まとめ

Android Marketも大分これで使い勝手がよくなりそうでよかった。特に事務局側が選ぶアプリ一覧や複数のランキングの設置によって開発者側もアプリの露出を図りやすくなりそう。来週月曜日・火曜日に控えているキャリアの新機種発表でAndroidユーザーがまた増えることは目にみえているので、今後も改善を続けて開発者・ユーザーが共にハッピーでいられるマーケットであるといいね!

(via Droid Life

Apple新学期を始めようキャンペーン