「Apple Watch」誕生の理由、それはジョブズの闘病生活が関係していた

Apple-Watch-Steps-04.JPG
Apple Watch」は成功なのか、失敗なのか。売れているのか、売れていないのか。そんなことよりもなぜ、Appleがスマートウォッチを開発しようと思ったのか、気にならないだろうか。

プロモーションやマーケティングを見ていると「ファッション × テクノロジー」という分野を開拓したいように見受けられ、それも回答としては間違っていないとは思うが、開発のルーツは意外や意外、故Steve Jobsにあった。

テクノロジーコンサルタントTim Bajarin氏が執筆したTIMEの記事によると、Appleは当時CEOだったジョブズ氏がすい臓がんとの闘病生活を始めたことがきっかけで研究開発チームに患者とヘルスケアサービスと繋ぐテクノロジーの開発を依頼していたことが明らかになった!

患者と医者のやり取りを円滑に、効率的に行うために

ジョブズ氏は2011年に56歳という若さで亡くなった。闘病生活を続ける中でJobsはヘルスケア領域の煩雑さを問題視するようになり、患者と医者のやり取りを円滑に、効率的に行うためのエコシステムの提供を模索するようになったという。

Apple Watch」が発表された当初はファッションアイテムとしての色が強く、名立たる著名人達を利用したマーケティングが展開されたが、最近は健康管理の側面が強まっているような印象も受ける。「HealthKit」が発表されたのは2014年6月のこと。2015年4月には「ResearchKit」が解放され、先月には「CareKit」という新しいヘルス関連フレームワークが発表されている。

Health-App-iOS9_3.png
健康的な人が健康でいられるように、闘病生活している人たちがまた健康を取り戻せるように、そんな思いが「Apple Watch」には隠されているのかもしれない。そしてその思いはジョブズ氏の闘病生活中に生まれた思想が根底にあるのかもしれない。

Appleはジョブズの命を救うことはできなかったが、今を生きる人たちが少しでも健康的な生活をして欲しいと願っているのかもしれない。常に身につけたくなるようなファッションアイテムというブランディング、そしてその裏では必要な健康情報を取得し可視化。「Apple Watch」に対する不満は数え切れないほどあるが、これからも使い続けたいと思う。

【レビュー】「Apple Watch」をつけて生活してみて分かった13のこと


【レビュー】買うべき?「Apple Watch」と共に生活して分かったこと


何が違う?「Apple Watch Sport」と「Apple Watch」を比較してみた


Apple公式サイトApple Watchの各モデルとアクセサリをチェック!


(via MacRumors

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 「iPhone 8」、Touch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証技術を開発中か
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【20%オフ】「Affinity Designer」「Affinity Photo」がセール中
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!