修理を必要とする初代「Apple Watch」、一部を「Series 1」と交換する場合も

Crew 22235 Apple Watch Checking the Weather unsplash

Appleは直営店の従業員と正規サービスプロバイダに対し、修理が必要とされる一部の初代「Apple Watch」を「Apple Watch Series 1」と交換対応する方針を明らかにした。

交換対象となるのは、シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ローズゴールドのアルミニウムケースを採用した「Apple Watch Sport」のみ。また、この交換対応を実施するのは「一部の国」と説明されているが、具体的な国名は明らかになっていない。日本が対象国となっているかどうかは不明

「Apple Watch Series 1」は2016年9月に「Apple Watch Series 2」とともに発表された、現行モデルの「Apple Watch」。「Series 1」は「Series 1」の下位モデルとして位置づけられ、GPS非搭載、限られた防滴仕様、FeliCa非対応などがその違いとして挙げられる。

先日、Appleは初代「Apple Watch」の背面カバーが剥がれる不具合を3年間無償修理対応することを明らかにした。修理するために持ち込んだ場合、「Apple Watch Series 1」と交換になるかもしれない。


(via MacRumors