Apple、OpenSSLの重大バグ「Heartbleed」による被害はなかったことを発表

Heartbleed
全インターネットにおいて6割以上のウェブサービスが利用しているとされる「OpenSSL」において発見された重大バグ「Heartbleed」。

昨日、今すぐパスワードを変更するべきウェブサービス一覧を紹介したが、その時点ではAppleは「パスワードを変更するべきか不明なサービス」だった。

本日、Re/codeによるとAppleは「Heartbleed」による影響は受けていないことを伝えたようだ!

「AppleのサービスにOpenSSLを利用したことは一度も無い」

Appleの広報担当者からは以下のコメントが発表されている。

Apple takes security very seriously. IOS and OS X never incorporated the vulnerable software and key Web-based services were not affected


利用しているサービスが「Heartbleed」の被害を受けていないかを確認できるウェブサービス「Heartbleed Test」でチェックしたところ、上記スクリーンショットの通り影響を受けていないことも確認された。

「Hearbleed」は他人事ではない。他にも被害を受けたとされるウェブサービスは多数存在するので、以下のサービス一覧から使っているサービスが問題ないか見ておきましょう。

OpenSSLの重大バグ「Heartbleed」発覚に伴い、あなたが今すぐパスワードを変更するべきサービス一覧 | gori.me(ゴリミー)

(via 9To5Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった