Apple、10月31日をもって「iPad (第3世代)」のサポートを終了へ

Ipad 3rd generation

Appleは各製品の生産が終了してから5〜7年後のタイミングでサポートを終了する。サポート終了後、仮に製品に何か問題が起きても修理対応を受けることができない。

MacRumorsによると、Appleは2017年10月31日をもって「iPad (第3世代)」を「ビンテージ製品とオブソリート製品」に追加し、同日をもってサポートが終了することを明らかにしている。

「iPad (第3世代)」とは、「新しいiPad」と呼ばれ、iPadとして初めてRetinaディスプレイを搭載。

「ビンテージ製品とオブソリート製品」に登録された製品は直営店だけではなく、Apple公認サービスプロバイダでも各種サービスを受けることができなくなってしまう。手元にこれらのデバイスがある人は今後のことを考えて買い替えを検討したほうが良いかもしれない。

あわせて読みたい