Apple Cardのチタン製物理カード、重さは約15g

一般的なクレジットカードと比較して約3倍の重さ

Apple Card Photo

米国にて今夏、サービスが開始される予定の「Apple Card」だが、iMoreのLory Gil氏が「Apple Card」の写真を複数枚公開するとともに、チタン製の物理カードの重さは0.52オンス(約14.75g)であることを明らかにしている。手元にあったクレジットカードや免許証を測ったみたところ5g前後だったため、約3倍の重さとなっている。

カード本体が用意されるスリーブの写真も公開され、前面は純白、背面はデボス加工されたAppleロゴが刻印されていることが確認できる。

カード本体は左上にAppleロゴ、右下にICチップが用意され、本来はICチップの左側に名前が刻印されているが写真はプライバシーの都合上、削除してあるとのこと。

情報元である人物によれば、物理カードは申し込みから約1週間掛かったとのこと。「Apple ID」に紐づくため、必要情報は予め記入されていることから、申し込み自体は1分程度で完了するという。

Bloombergの記者であるMark Gurman氏も同じく「Apple Card」の写真を公開している。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索