Apple、自動運転システム用にAR技術の導入を検討中か

GM-cadillac-chevrolet-carplay-04.jpg

Appleは電気自動車プロジェクトの開発を一旦停止したと報じられている。

KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏によると、Appleが同プロジェクトの開発を停止した代わりに注力している自動運転システムは拡張現実(AR)技術を採用し、“革新的なユーザーエクスペリエンス”を提供すると伝えている!

iPhone、iPad、MacにもAR技術を導入か?!

Kuo氏によると、AppleはAR技術をiPhoneやiPad、Macなどを含む既存製品に積極的に採用し、競合他社よりも3〜5年先を行くと予想。「Apple Watch」や「Apple TV」に革新的なユーザーエクスペリエンスを提供し、自動運転システムなどの新しい市場の開拓に成功すると予想している。

PlayStation VR」が発売されるなどVRも盛り上がりを見せている今日この頃だが、同氏は2018年にはARがVRに代わる存在になると指摘。ARとVRの市場価値は2018年時点は400億〜500億ドルと推定し、2020年には1,500億ドルになると予測を立てている。

AppleがARに関心を抱いているのは秘密ではない。BuzzFeed JapanのTim Cook氏独占インタビューでは「AIとARは、重要でコアなテクノロジーだと思う」と語っていた。

また、Good Morning AmericaにおけるインタビューではARとVRではARの方が興味関心があるとコメントしていた。

メジャーアップデートとして期待が高まる「iPhone 8」はVR対応が噂されている。Appleが現実をバーチャル化するか拡張するのか分からないが、久しぶりにとてもイノベーティブな機能が実現されそうな予感。来年が楽しみだ!

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2016-10-13)
売り上げランキング: 158
FOLLOW / 最新情報を購読