iOS版iMovie、グリーン・スクリーン・エフェクトが追加され背景抜き編集が容易に

ムービーの長さに自動調整される80種類の新しいサウンドトラックも追加

Imovie app logo

iMovie」のiOSアプリが「バージョン 2.2.7」にアップデートされ、新しいグリーン・スクリーン・エフェクトが追加。グリーンスクリーンやブルースクリーンの前で撮影されたクリップの背景をすばやく削除することが可能になった。

また、ムービーの長さに自動調整される80種類の新しいサウンドトラックが追加。ポップ、チル、センチメンタルなどのジャンルから選部ことができる。

写真をオーバーレイとして追加して、ピクチャ・イン・ピクチャやスプリットスクリーンのエフェクトを作成できるようになった他、外部ディスプレイにフルスクリーンでビデオをプレビューすると画面が黒くなることがある問題が修正されている。

なお、iMovie Theaterでの共有はできなくなっている。

「バージョン 2.2.7」のリリースノート

  • 新しいグリーン・スクリーン・エフェクトでビデオを変換することにより、グリーンスクリーンやブルースクリーンの前で撮影されたクリップの背景をすばやく削除できます
  • 4ポイントマスクと“強さ”スライダを使って、グリーン・スクリーン・エフェクトを調整できます
  • ムービーの長さに自動調整される80種類の新しいサウンドトラックを、ポップ、チル、センチメンタルなどのジャンルから選べます
  • •ロゴやカスタムグラフィックスとして使用するために、透明な背景の静止画像をビデオの上に重ねて追加できます
  • 写真をオーバーレイとして追加して、ピクチャ・イン・ピクチャやスプリットスクリーンのエフェクトを作成できます
  • ピクチャ・イン・ピクチャとスプリットスクリーンのエフェクトを囲む枠線の表示/非表示を切り替えることができます
  • ほかのアプリケーションからiMovieに切り替えたときに、プロジェクトの編集画面にすばやく戻ることができます
  • ClassKitへの対応により、生徒は“スクールワーク” Appを使用してビデオの課題を教師に提出できます
  • iMovie Theaterにビデオがあるユーザの場合、“Theater”ウインドウは“プロジェクト”画面の下にある“•••”メニューからアクセスできるようになりました
  • iMovie Theaterでの共有はできなくなりました。Apple TVなどのほかのデバイスでムービーや予告編を視聴するには、iCloud写真にそれらを保存してください
  • 外部ディスプレイにフルスクリーンでビデオをプレビューすると画面が黒くなることがある問題を解決しました
「iPhoneアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索