【神アプリ】遅延ゼロ!iPadやiPhoneを有線接続でMacのサブディスプレイにする「Duet Display」が近日中にリリース!

Duet display

神アプリ、発見!これは期待せざるを得ない!

既にiPadをMacのサブディスプレイにするアプリは多数存在する。僕もいくつか試してきたが、どれも欠点として表示がカクカクしていることが挙げられる。Wi-Fi経由で接続するため、通常のディスプレイとして使うには無理があり、せいぜいTwitterクライアントを表示する程度でしか使うことができなかった。

ただ、ついにその問題を解決する素晴らしいアプリがリリース間近だ。「Duet Display」はiPadやiPhoneをセカンダリーモニターとして利用可能にしてくれるiOSアプリなのだが、これまでのアプリと決定的に違うのはデバイス同士をLightningケーブルで接続するということ。つまり、iPadやiPhoneを有線接続でMacと接続し、タイムラグの無いサブディスプレイを実現することができるのだ!

iOSデバイスとの有線接続によるマルチディスプレイ環境

デュアルディスプレイ環境は作業効率が向上する。「Duet Display」を使えば、「MacBook Pro」と「iPad Air」で遅延のない、快適なマルチモニタ環境を実現することができるのだ。これはカフェ作業が今まで以上に捗りそうな予感!

イメージとしては下記の通り。LightningケーブルでMacとiOSデバイスを接続し、それぞれ専用のアプリを起動することによってMacのサブディスプレイとして認識されるようだ。フレームレートは30または60fps

Duet display

対応デバイスは「OS X 10.9」以上のMac、「iOS 5.1.1」以上のiPadまたはiPhone。公式のプロモーション動画も公開されているので、以下からどうぞ!

Geek.comでは先行して「Duet Display」をレビューした動画を公開していたので、載せておく!現在は1台のMacに対して1台のiOSデバイスを接続できるが、将来的には2台以上のiOSデバイスを認識可能にする計画があるとのこと。「iPad Air 2」と「iPhone 6 Plus」を使ったトリプルモニター環境も夢ではない!

(via こぼねみ