「Photos(写真)」アプリは画像の検索、編集、エフェクトに対応し、サードパーティ製プラグインも利用可能

Photos app

先日、Appleはプロ向け写真編集アプリケーション「Aperture」の開発を終了すると発表した。長らくアップデートされていなかった同アプリだが、まさかこのような形で終わりを迎えるとは誰も思わなかったかもしれない。

Apertureの移行先アプリとして「WWDC 2014」でも発表された「Photos(写真)」アプリを提供すると発表されたが、不明な点がまだまだ多い。そもそも新アプリがいつ頃リリースされるのか、そしてApertureが提供していたようなプロ向け機能はどの程度利用可能になるのか、など。

Ars TechnicaがAppleの担当者から得た情報によると、新しいPhotosアプリは画像の検索、編集、エフェクトに対応し、サードパーティ製プラグインも利用可能であることが明らかになった!

サードパーティ製プラグインによってAperture同様の使い勝手を実現?!

プロ仕様のアプリがなくなり、汎用的なアプリになってしまう時の最大の懸念点はやはりプロ向け機能が廃止されてしまい、これまで利用できていた高度な編集ツールが利用できなくなること。今まで利用できていた機能がどこまでデフォルトで利用できるようになるかは分からないが、Appleが公開しているPhotosアプリの写真を見る限りだと光量や色合い、ホワイトバランスなど細く設定可能であることが見受けられる。

デフォルトで用意されていない機能を補完するのがサードパーティ製プラグイン。サードパーティ製プラグインの開放もプロ向け編集ツールとして継続的に利用可能にするために重要だ。どのような形で提供されるかは分からないが、Photosアプリにない編集機能をまるっとまとめて1つの有料プラグインで補完する仕組みがあれば良さそう。

Photosアプリは来年の早い段階でリリースされる見通し。既存のApertureユーザーは新アプリがリリースされたらライブラリをインポート可能であると発表されている。

(via MacRumors