iPhoneをMacに接続する時、「Photos(写真)」アプリが勝手に起動しないようにする方法

Photos(写真)アプリ

iPhoneは定期的にバックアップを取った方が良い。週に1度とは言わず、毎日取った方が良い。そして可能であれば直接Mac(またはPC)にバックアップを取った方が安全だ。

ところで「OS X El Capitan」にしてから勝手にApple純正の「Photos(写真)」アプリが起動するようになってしまった。写真も都度同期している人にとっては便利かもしれないが、僕はiCloud Photo Library経由で同期しているので都度起動させる必要がない。

本記事ではiPhoneをMacに接続する度に「Photos(写真)」アプリが勝手に起動しないようにする方法を紹介する!

「このデバイスを接続したときに〜」のチェックをオフ

やり方は物凄く簡単。次回、「写真」アプリが起動した時に左上にある「このデバイスを接続したときに”写真”を開く」というチェックボックスのチェックを外すだけ。

Photos(写真)アプリ

待ちきれないという人はiPhoneを接続した状態で「写真」アプリを起動すればチェックボックスがあるはず。チェックを外し、次回以降起動、iPhoneを接続しても起動しないことを確認するべし!

なお、これはiPhoneに限らずSDカードやデジタルカメラなどに関しても同様。毎回勝手に起動するのを鬱陶しく思っている人は設定しておきましょう!

地味すぎる!「OS X El Capitan」でさり気なく加わった新機能10選

「OS X El Capitan」、「ディスクのアクセス権の検証・修復」を削除ーー自動的に保護される仕様に

【保存版】年に1度の大掃除!Macをメンテナンスする11の方法