学生みんなが特待生。

地味すぎる!「OS X El Capitan」でさり気なく加わった新機能10選

MacBook Pro Retina 15 El Capitan

Mac使いの皆さん、「OS X El Capitan」へのアップデートは完了しただろうか。僕は12インチ型MacBookでいち早くアップデートし、間違いなくパフォーマンスが向上したことを実感。すかさず15インチ型「MacBook Pro Retina」に適用したところ、あまりもの快適さに雄叫びを上げた。心の中で。

基本的な機能に関しては下記記事を参考にどうぞ!

ただ、「OS X El Capitan」はとにかく地味だ。壁紙を変更しない限り、何が新しいのかさっぱり分からない程には地味だ。本記事ではOS X El Capitan」でさり気なく加わった新機能をまとめたので、参考程度にどうぞ!

1. メニューバーを隠すことができるように

Hide menu bar

12インチ型MacBookのように狭い画面を最大限活かすためにはDockを隠すことは基本中の基本だが、メニューバーはこれまで常時表示する他無かった。

「OS X El Capitan」ではついにそのメニューバーを自動的に隠すことができるようになった。「システム環境設定」の「一般」からどうぞ。

2. ビーチボールアイコンのデザインがリニューアル

見たくはないが、見た時に変わったことに気がついたのがビーチボールアイコン。時代に合わせてよりフラットなデザインが採用されている。

3. カーソルをシェイクすると拡大、無効化する方法

Shake mouse

知っておくべき8つの新機能でも紹介したが、「OS X El Capitan」ではマウスカーソルをシェイクすることによってカーソルが拡大し、見つけやすくなる機能が用意されている。

特に無効化する理由は思いつかないが、マウスカーソルを普段からシェイクする癖があり、その度にカーソルが拡大するのが鬱陶しいという人は「システム環境設定 > アクセシビリティ」から無効化しましょう。

4. ディスクユーティリティのデザインがリニューアル

Disk utility

ディスクユーティリティのデザインが新しくなった。個人的にはそんなことよりも「その他」が177GBもあることに驚いている。どうにかしなければ。

5. 通知センターの並び順を新着順に設定可能に

Notification center

iOS 9」では通知センターで表示される通知を通知ごとに並べることができるようになったが、「OS X El Capitan」でも同様の仕様になっている。

6. ウィンドウのダブルクリックの挙動が明確に

Dock

機能そのものは「OS X Yosemite」の時と変わっていないが、表示が分かりやすくなった。

Mac使いからするとウィンドウのダブルクリックはウィンドウをDockにしまうための操作だが、Windows使いからするとウィンドウの拡大と縮小。「OS X El Capitan」ではいずれかを選ぶことができるということが明確になった。

【OS X Yosemite】Windows出身者に朗報!ウィンドウをダブルクリックして最大化することが可能に!【設定方法】

7. Spotlightを移動後、表示位置を固定できるように

Spotlight

僕はAlfred派なのでアップデート後もほとんど使っていないが、Spotlightを画面上で移動した場合、次にSpotlightを起動すると先ほど移動した場所に表示される仕様になった。

Mac用アプリケーションランチャー「Alfred」を便利に使いこなす5つのTips

8. 打ちながら変換する「ライブ変換」、無効化する方法

Live

スペースキーを押すことなく、打ち続けるだけで勝手に文節ごとに区切り変換してくれる新しい日本語入力機能「ライブ変換」。賛否両論が分かれるところだが、都度スペースキーを叩いている僕にとってライブ変換はむしろ文字入力の妨げになり、邪魔だ。

「システム環境設定 > キーボード」から無効化できるので、ライブ変換が不要だと感じる人はチェックを外しておくべし。

9. 「確実にゴミを空にする」が削除され「ゴミ箱を空にする」に

Delete Trash

もともと「確実にゴミ箱を空にする」というメニューが用意されていたはずが、「ゴミ箱を空にする」に変更されている。ZDNetによると、SSDでは「確実にゴミ箱を空にする」を実行後67%ものデータを復元することができたことから「確実に」ゴミ箱を空にすることができていないことが判明。その結果を受け、メニューを削除したとされている。

マウス不要!Macでゴミ箱を空にするキーボードショートカット

10. ファイルを「すぐに削除」することが可能に

すぐに削除

「確実にゴミ箱を空にする」がなくなったことを受け、ファイルを選択した状態で「alt/option」キーを押しながらメニューバーの「ファイル」を押すと「ゴミ箱に入れる」が「すぐに削除」に切り替わる仕様になった。キーボードショートカット「command + alt/option + delete」も利用できる。

「OS X El Capitan」、正式リリース!知っておくべき8つの新機能


 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!