Apple、Apertureの開発を終了すると発表!今後は新しい「Photos(写真)」アプリへ移行

Aperture
多くのプロに長年愛されてきた写真アプリケーションがついに終了してしまうようだ。


9To5Macによると、Appleはプロ向け写真編集アプリ「Aperture」の開発を終了することを伝えたそうだ。これはThe Loopでも同様の内容が伝えられている。

iPhotoも今後は開発されず!新しい写真アプリに期待!

プロ向け写真アプリ「Aperture」もなくなるが、OS Xデフォルトの写真管理アプリとして用意されている「iPhoto」もこのタイミングで開発を終了するとのこと。今後は「WWDC 2014」で発表された「Photos(写真)」アプリに移行する方針。

「これまで地道に整理して管理していた写真はどうなるんだ?!」と思う人もいるかもしれないが、ご安心を!当然、ApertureならびにiPhotoから新しいアプリに移行する手段は用意されるとのこと。新しい写真アプリがピンと来ないという人のためにも、現在AppleはAdobeと協力して移行先としてLightroomを用意できるように準備を進めているそうだ。

Apertureは開発が終了するだけであり、アプリそのものが使えなくなる訳ではない。「OS X Yosemite」でも引き続き利用できる見通し。プロ向け機能の多くは新しいアプリに搭載されることは期待できないため、併用することも視野に入れておいた方がいいかもしれない。

Photos app osx yosemite
新しいPhotosアプリはApertureやiPhotoに搭載されていた機能も取り入れる予定。一番の強みはiCloudと同期する点で、「iOS 8」搭載デバイスと「OS X Yosemite」搭載デバイスとの間で写真がすべて連携することが可能。Macで編集した写真がiPhoneで自動的に編集された写真に更新されるようになるのだ。

Mac用のiPhotoが開発終了するのであればiOS用のiPhotoはどうなるのか。今のところ公式な発表はされていないが、Macの状況を考えると近々開発終了される可能性は高いだろう。

Adobe Photoshop Lightroom 5.0 日本語版 Windows/Macintosh版
アドビシステムズ (2013-06-21)
売り上げランキング: 53

(via 9To5Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 「iPhone 8」、Touch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証技術を開発中か
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【20%オフ】「Affinity Designer」「Affinity Photo」がセール中
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!