ソフトバンクオンラインショップ

アッシーとなったパパのとある休日を、EOS R6+35mm F1.8 MACRO IS STMで撮ってみた

深く考えずに適当に撮影してもピントが合うし、被写体も際立つし、操作性が5D Mark 4と似ていて快適

いざ出発!予定以上の寿司を食べ、スタバで眠気と格闘しながら作業

妻と子どもたちが乗り込み、忘れ物と戸締まりの確認をして、いざ出発!
Canon EOS R6 35mm ff 8 MACRO IS STM Day in Life 09

背負っていくカバンはcompagnon Element Backpack
Canon EOS R6 35mm ff 8 MACRO IS STM Day in Life 10

約1時間ほどの運転を経て、3人を友人宅に届けてきた。次女は車が苦手なのか、チャイルドシートが嫌なのか、車移動中は騒いでいることが多い。ところがこの日はタイミングが良かったのか、移動開始後しばらくして就寝。珍しく平和だった。

僕はさらに車を走らせ、イオンスタイル新浦安内にある「ABURI百貫 新浦安店」で昼食を取ることにした。ホタテ大好き。
Canon EOS R6 35mm ff 8 MACRO IS STM Day in Life 11

炙られている3貫。
Canon EOS R6 35mm ff 8 MACRO IS STM Day in Life 12

マグロ3貫。
Canon EOS R6 35mm ff 8 MACRO IS STM Day in Life 13

これは「炙り鉄火ロール」。
Canon EOS R6 35mm ff 8 MACRO IS STM Day in Life 14

マグロを炙り、マヨネーズをかけ、筋子で仕上げたメニューは、スシローが好きな子どもたちが好きそうな味だった。
Canon EOS R6 35mm ff 8 MACRO IS STM Day in Life 15

当初の予定では10貫程度に抑える予定だったが、のんびり食べていたら20貫ほど食べてしまっていた。眠すぎる。しかし誰にも邪魔されない時間もなかなか得られない。

寿司屋の入っていたビルから移動し、近くのスタバで席を確保した。僕は、氷なしのコールドブリューコーヒーを飲んでばかりいる。氷の分は無脂肪ミルクで満たしてもらい、まろやかな味わいになる。滞在時間も長くなりそうだったので、ベンティサイズを注文した。
Canon EOS R6 35mm ff 8 MACRO IS STM Day in Life 16

よし、仕事するぞ!
Canon EOS R6 35mm ff 8 MACRO IS STM Day in Life 17

作業開始から1時間が経った。糖質過多を招いた自業自得の闘いに打ち勝つべく、少しずつ飲み進めカフェインのパワーに期待する。
Canon EOS R6 35mm ff 8 MACRO IS STM Day in Life 18

3時間経過し、ベンティサイズのコーヒーも尽きてきた。何度か意識が飛んでしまったが、仕事は進んだ。姿勢や画面スペースを考えると自宅のほうが作業効率は高いが、他人がいる空間で作業する機会は大事だと思う。
Canon EOS R6 35mm ff 8 MACRO IS STM Day in Life 19

コーヒーも切れてきたが、MacBook Proの電池も切れてきた。買った当初は7〜8時間ぐらいの体感だったが、今は3〜4時間で限界だ。久しぶりにZendure SuperTankを使った。
Canon EOS R6 35mm ff 8 MACRO IS STM Day in Life 20

USB-Cに変わったことで、高出力のモバイルバッテリーさえあればいつでもそこでもMacを充電できる。便利な世の中だ。
Canon EOS R6 35mm ff 8 MACRO IS STM Day in Life 21

お迎えの時間になり、友人宅へ到着。3時間以上滞在したので、もう1杯ドリンクを購入し、車へ向かう。マイルールとして、2時間以上滞在する時は2杯ドリンクを注文するようにしている。相当眠かったので、帰りはトールサイズのドリップコーヒーをホットで。
Canon EOS R6 35mm ff 8 MACRO IS STM Day in Life 23

今日はAirPods ProではなくBOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700を使用。カフェで作業する際にノイズキャンセリングは欠かせない。
Canon EOS R6 35mm ff 8 MACRO IS STM Day in Life 24

帰路も1時間ほど。長女は途中で寝落ち、次女はハイテンションで帰宅。
Canon EOS R6 35mm ff 8 MACRO IS STM Day in Life 25

帰宅すると、注文していた荷物が届いていた。

特集
関連情報
更新日2020年09月28日
コメント(8件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. YOSHI-P

    アッシーってなんですか?

    1. g.O.R.i

      バブル時代の用語で、Wikipediaの定義をそのまま使わせてもらうと「女性に自ら運転する自家用車で送り迎えを任される男性のこと」を意味しますね!ここでは娘たちにアシとして使われる、という意味合いで使いました✋

  2. パパミーファン

    テックニュースじゃないテイストの記事、嬉しいです。楽しく読ませていただきました!そういえばゴリミーってブログでしたね!!(笑)

    1. g.O.R.i

      ありがとうございます!!!!楽しいカメラを手に入れたので、今後もこういう記事を書いていきたいです!

  3. 通りすがりの読者

    本編とは関係のない質問で申し訳ないのですが、お使いになられてるマンフロットのミニ三脚についてお聞きしたいです。

    マンフロットのミニ三脚は大小2つのモデル展開になっています。ゴリミーさんがお使いになられてるには小さいモデルだと思われます。その小さいモデルでR6の重量を支えられることに驚きました。
    35mm単焦点ではなく、24-105のレンズに変えた場合でも支えられるのでしょうか?

    マンフロットのミニ三脚の購入を考えているので、ゴリミーさんのご意見をお聞きしたいです。
    長文失礼しました。

    1. g.O.R.i

      いいですよいいですよ、カメラの記事でもあるので何でもコメントされてください✋

      僕が手元にあるのは多分小さいモデルだと思います!R6+レンズがだいたい1kg弱ですが、一応支えてくれてますね!まあ本当に数秒しか取り付けていなかったので、問題なかっただけかもしれないですが、割とこういうちょこちょこ使っていますね!

      24-105+EOS Rで試してみました!(写真をコメント投稿後、Twitterに投稿しておきますね!)特に問題なく支えられていますが、もちろんちょっと上向きの角度で設置していることもあり、バランスが取れているように見えます!

      1. 通りすがりの読者

        ありがとうございます。Twitterの写真も拝見しました。

        フルサイズミラーレスでも静止画の短時間ならば重量に耐えれられますよね。それでも、動画などの長時間は不向きですよね。

        対応していただいてありがとうございます!

        1. g.O.R.i

          そうですねぇー、ちょっと長時間の使用は少し不安だなぁ、という印象ですね👀使っているうちに弱ってきそうですし、それならもっとゴツいやつがいいかもです!!

「出産・子育て・育児」新着記事
トレンド検索