「GoPro Hero 8」は外付けディスプレイやマイクに対応、9月発表か

プロセッサーの「GP2」チップを内蔵し、120fpsの4K動画や480fpsのフルHD動画の撮影に対応か

Jakob owens jYLJodqEoY unsplash GoPro

「GoPro Hero 7」の次期モデルとして期待される「GoPro Hero 8」のスペックPhoto Rumorsが伝えている。

中国からの情報によると、今年9月に発表されると見られ、新しい筐体には「DJI Osmo Action」のようなディスプレイは内蔵されないものの、外付けのアクセサリーとしてマイク、LEDライト、ディスプレイなどを追加できる構造になっているとのこと。

GoPro 8 camera rumors

新しい独自プロセッサーの「GP2」チップを内蔵し、120fpsの4K動画480fpsのフルHD動画の撮影に対応すると見られる。レンズ性能および写真性能の向上も期待できそうだ。

対応アクセサリーを外付けできる仕組みはなかなかスマートかもしれない。

確かに「Osmo Action」に搭載されているカラーディスプレイはビログなど日常を撮影する上ではとても便利だが、アクションカメラとして使いたい時はいちいち本体の画面を見ている暇はない。

GoProはアクションカメラとしての完成度をさらに高めつつも、「ビログなどでも使えるカメラ」としての使い勝手を向上させるために、そのような時に欲しいアクセサリを外付けモジュール化するのかもしれない。

個人的には撮って出しの画ははDJIよりもGoProの方が好み。”アクションカメラの本家”として、次期モデルに期待したい。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「カメラ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索