GoPro、ドローン事業から撤退へ

GoPro Karma

GoProがドローン事業から撤退することを発表した。「GoPro Karma Drone」が最後のドローン製品となる。

撤退理由は非常に競争が活発なドローン市場の中で収益化に苦戦していたことを挙げている。

同社は数百人もの従業員を解雇し、CEOであるNicholas Woodmanの給与を1ドルに減額することを明らかにしている。全世界に1,254人いた従業員は1,000人以下になるとし、約250人もの人員削減が行われると見られる。

「GoPro Karma Drone」は2016年に発表されたが、飛行中に突然電源が落ちる不具合が発見され、同年11月にリコールを発表。販売された2,500台が対象となっていた。

【国内正規品】GoPro Karma Drone HERO5 Black カメラ付き QKWXX-511-JK
ゴープロ (2017-05-01)
売り上げランキング: 87,632

(via The Verge