Canon EOS R6 Mark II、正式発表。新開発のCMOSセンサー、高性能AFを搭載

EOS R3と同じ2,420万画素のフルサイズセンサー搭載だが、スタックセンサーではない

Canon eos r6 mark 2

Canonは11月2日、フルサイズミラーレスカメラ「EOS R6 Mark II」を正式発表した。価格は、キヤノンオンラインショップで税込396,000円。11月4日午前10時より予約受付を開始し、2022年12月中旬に発売が予定されている。

新開発の2420万画素フルサイズCMOSセンサーを搭載

EOS R6の初代モデルから画素数が増え、新開発の有効画素数最大約2420万画素フルサイズCMOSセンサーを搭載。映像エンジン「DIGIC X」により、高い解像感と常用最高ISO102400(静止画撮影時)の高感度を両立している。ボディー内5軸手ブレ補正機構を搭載し、レンズ内光学式手ブレ補正機構を搭載したRFレンズとの協調制御により最大8段の手ブレ補正効果を発揮する。

EOS iTR AF Xを採用、AF性能・トラッキング性能が向上

AF性能も進化した。「EOS iTR AF X」を採用し、検出対象の被写体として新たに馬・鉄道・飛行機(ジェット機・ヘリコプター)が追加。「人物」では人の瞳・顔・頭部・胴体、「動物優先」では犬・猫・鳥・馬の瞳・顔・全身、「乗り物優先」ではモータースポーツの車とバイク・鉄道・飛行機(ジェット機・ヘリコプター)の全体・スポット検出にも対応する。

さらに被写体の検出対象をメニューで切り替えることなく、カメラが自動で被写体を選択する「自動」設定が用意されている。被写体の検出さえも、カメラに任せられるようになった。

電子シャッター、最高約40コマ/秒の高速連写に対応

Canon eos r6 mark 2 1

メカシャッターおよび電子先幕による撮影時はAF/AE追従で最高約12コマ/秒だが、電子シャッターによる撮影時は同条件で最高約40コマ/秒の高速連写に対応した。ただしEOS R3のようなスタックセンサーを搭載しないため、高速で動く被写体に対してはローリングシャッター現象が発生する点は注意が必要だ。

筐体のサイズは初代モデルと変わらず、重さは10g軽量化。記録メディアは引き続きSDカードスロットが2枚となっており、CFexpressには対応しなかった。

ボタン配置は一部変更されており、電源ボタンがあった位置に静止画・動画切り替えスイッチ、サブ電子ダイヤルの奥にON/LOCK/OFFスイッチが移動した。EOS R3に搭載された21ピン型マルチアクセサリーシューが採用されている。

動画性能

Canon eos r6 mark 2 2

動画撮影は、従来より多くのCanonユーザーを悩ませていた”30分問題”がなくなり、4K/IPBで約1時間20分の撮影が可能になった。クロップなしの6Kオーバーサンプリングによる4K/60P動画撮影や、フルHD/180Pハイフレームレート動画撮影が実現。Canon Log 3やRAW動画の外部記録にも対応する。

カメラのキタムラでEOS R6 Mark IIをチェックする

EOS R6 Mark IIの先行プレビュー動画





もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年11月02日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「カメラ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索