Canon、初のRF-Sレンズ「RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM」「RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM」を発表

4.0〜4.5段のレンズ内光学式手ブレ補正機構搭載、最短撮影距離0.20m以下

Canon RF S Lens 18 150 18 45

Canonは5月24日、RFマウント初のAPS-Cサイズカメラ用「RF-Sレンズ」として、「RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM」および「RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM」を正式発表した。価格はオープン価格。発売は2022年6月下旬を予定している。

2022年7月下旬に発売が予定されているEOS R7およびEOS R10に対応したレンズとなっている。各レンズの特徴は以下のとおり。

RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM

  • 全長:約44.3mm
  • 質量:約130g
  • 4.0段のレンズ内光学式手ブレ補正機構搭載
  • EOS R7装着時はボディー内手ブレ補正機構と協調制御することにより6.5段の手ブレ補正効果を発揮
  • AF撮影時に最短撮影距離0.20m、最大撮影倍率0.16倍の近接撮影を実現

RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM

  • 35mm判換算で29-240mm相当の幅広い焦点距離
  • 全長:約84.5mm
  • 質量:約310g
  • 4.5段のレンズ内光学式手ブレ補正機構
  • EOS R7装着時はボディー内手ブレ補正機構と協調制御することにより7.0段手ブレ補正効果を発揮
  • 動画撮影時の手ブレを効果的に補正する「ダイナミックIS」対応
  • AF撮影時に最短撮影距離0.17m、最大撮影倍率0.44倍の近接撮影を実現
公開情報
更新日2022年05月31日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「カメラ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索