Canon、新型APS-Cミラーレス「EOS R10」を正式発表

約2420万画素、最高約23コマ/秒の高速連写に対応、ボディー内手ブレ補正機構は非搭載

Canon EOS R10 Official Release

Canonは5月24日、小型・軽量ボディーに「EOS Rシステム」の高い性能を凝縮し、本格的な静止画・動画撮影をより手軽に楽しむことができるミラーレスカメラ「EOS R10」を正式発表した。価格はオープン価格。発売は2022年7月下旬を予定している。

メカシャッター/電子先幕による撮影時は、AF/AE追従で最高約15コマ/秒、電子シャッターによる撮影時は、AF/AE追従で最高約23コマ/秒の高速連写が可能。人物、動物(犬・猫・鳥)、乗り物(モータースポーツにおける車・バイク)のAF被写体検出に対応する。

新開発の有効画素数最大約2420万画素APS-CサイズCMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を内蔵。有効画素数最大約3250 万画素のCMOS センサーを搭載するEOS 90D、EOS M6 Mark IIと同等の解像性能を達成しているという。

ビデオは、6Kオーバーサンプリングによる高画質な4K動画撮影を実現。ボディ内手ブレ補正機構は搭載しない。

公開情報
更新日2022年05月24日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:626777)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:626776)
    R7.........

    失礼しましたwありがとうございます!

  2. 通りすがりの読者(コメントID:626776)

    R7………

「カメラ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索