Facebook、デート機能を発表ーーマッチング分野参入へ

Dating Facebook

Facebookは米国時間5月1日、F8デベロッパー・カンファレンスにてデート機能をFacebook公式アプリ内で提供することを発表した。いわば、「Tinder」に対する宣戦布告と言っても過言ではない。

CEOのMark Zuckerberg氏は、米国の結婚は3組に1組がオンラインで関係性が始まっている、と説明。オンラインで「独身」と明記している人が2億人もいることを指摘し、「明らかにやるべきことがある」と語った。

一夜限りの関係ではなく、長く続く”ガチ恋”が目的

Facebookといえばサービスを開始した14年前の2004年から「交際ステータス」を公開できるように設定していたが、これまでデート関連機能は提供していなかった。

今回発表されたデート(マッチング)機能は、通常のプロフィールとは別に、オプトインしてデート用のプロフィールを作成する仕組み。相手に望む条件、共通の話題、共通の友人などを基本としてマッチングが成立するとのこと。もちろん、友人同士はマッチングしないようになっている。

また、特定の内容によって作成されたイベントやグループから似たような趣味嗜好を持っている相手を探す機能も提供される。Facebookはこれらのコミュニティ機能をデート機能の重要な要素と捉えているいるようだ。

言うまでもなく、デート機能内でユーザー自身が行った内容は通常のFacebookでは見られないように配慮された設計となっている。

Facebookのデート機能に関する詳細は追って公開される予定。年内にテストを開始するとのこと。

あわせて読みたい