GoogleとFacebook、従業員出社はワクチン接種完了を条件に

医療上またはその他の理由で接種できない人向けに例外規定も用意する方針

Israel andrade YI 9SivVt s unsplash

GoogleとFacebookは、従業員がオフィス出社を再開するには新型コロナウイルスのワクチン接種が完了していることを条件にすると発表した。

Appleは、従業員のワクチン接種は推奨しているが、義務付けはしていない。「かかりつけの医者と相談し、自分とあった選択肢をしてほしい」と案内。オフィス内ではマスクの着用を求めている。

Google

Googleは28日、従業員向けのメッセージを公開。出社にワクチン接種完了を求めるポリシーは、米国内のオフィスでは今後数週間以内、世界各国のオフィスでは数カ月以内に適用されるという。

ただしこの条件は地域における状況で異なり、ワクチン接種が広く可能になるまでは適用されない。医療上の理由および保護された理由によりワクチン接種が難しい人向けには、例外規定を設ける方針も明らかにしている。

Googleは出社条件に加え、在宅勤務ポリシーも変更。デルタ株の感染拡大に伴い、もともと9月を予定していた出社再開を10月18日まで延期する。今後は感染状況などのデータを注意深く観察し、完全なオフィス出社へと移行する際は、少なくとも30日前に通達すると案内している。

Facebook

Facebookは28日、米国オフィスに出社する従業員はワクチン接種完了を条件とするポリシーを発表。ポリシーの適用条件は、現地の状況や規定によって異なるという。

医療上またはその他の理由で接種できない従業員に対する例外規定も用意する。米国外のオフィスでも同様のポリシーを適用する計画だ。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Facebookニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索