「Google+」の一般向けサービス、2019年4月に前倒しで終了へ

Google Plus Logo

Googleは今年10月に「Google+」の一般ユーザー向けサービスを2019年8月頃に終了することを発表していた。

理由としてはサービスが利用されていないことに加え、50万件以上のアカウントに影響があると推定される個人情報に無断アクセスできるバグが発見されたことがきっかけ。一般ユーザー向けサービスに関するAPIを開発および維持するのは非常に困難であると判断された。

ところが、GoogleによるとGoogle+」においてまたしても個人情報に無断アクセスできるAPIのバグが判明。これを受け、同社は「Google+」の一般向けサービスの終了時期を2019年4月に前倒しで終了することを発表した。

今回のバグは5,520万人に影響を及ぼしていることが判明

このAPIのバグは、今年11月に配信されたソフトウェアアップデートに含まれていたことが判明。配布後6日間でGoogleはこの問題を発見し、修正。その期間中、デベロッパーやサードパーティのシステムがこれらを悪用した形跡はないという。

影響範囲は約5,520万人。このバグにより、ユーザーの名前、メールアドレス、職業、年齢、性別など、本来非公開であるはずの個人情報にアクセスできてしまう状況となっていた。パスワードや決済情報などは含まれていない。

Googleは、サービスの終了に伴い、先立って「Google+」に関するすべてのAPIを今後90日以内に終了すると発表。詳細はデベロッパーページで随時配信するとのこと。

「Google+」の一般サービスを利用しているユーザーに対し、今後数ヶ月以内にサービス内のデータを出力および移行する方法を案内することを明らかにしている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Googleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索