Facebookも健康関連事業に参入か?!

Facebook logo

今後注目の事業領域は健康管理や医療、フィットネスなのか?!

Reutersによると、Facebookもモバイル向けの健康管理サービスを準備していると報じている!

医療関連情報のためにソーシャルで助けを求める人が増えている?!

これらの情報はFacebookの医療関連事業について把握している関係者によるもの。同社は医療業界の専門家などを交えて話し合いを進めているとのことで、医療に関連するモバイルアプリを作るための研究開発チームを立ち上げる段階にいるそうだ。

Facebookが具体的にどのような仕組みを考えているのかは明らかになっていない。内部情報によると、ユーザーは自分が悩んでいる健康状態に関連する情報を知るためにソーシャルで助けを求める傾向があることに気付き、同じ症状で悩んでいる人達が情報交換をできるサービスの提供を検討しているとのこと。

Facebookにとって最大の鬼門となるのはセキュリティ。健康管理情報よりもさらにデリケートな問題である病状をFacebookが取り扱うという事実だけで嫌がる人は世界中に多数いるはず。当然、人々の生活を豊かにし、求めている情報を共有しやすいようなサービスを目指すであろうFacebookとしては、この問題に対してどのように向き合うかが注目される。

健康管理に関しては既にAppleが「HealthKit」や「Apple Watch」で参入を表明している。最新の情報では「Apple Watch」は2015年2月に発売される見通し。今後は健康管理に対する高い意識が求められる世の中になりそうだ。

(via Cult Of Mac

FOLLOW / 最新情報を購読