「なると 本店」で「若鶏半身揚げ」を食べてきた!巨大過ぎて満腹……

なるとの若鶏半身揚げ

北のどんぶり屋 滝波食堂」で始まった小樽の朝だが、前日の夜から2食連続で海鮮系を食べていたため、趣向を変えて「なると 本店」で「若鶏半身揚げ」を食べてみることに。

「若鶏半身揚げ」はここの名物らしく、名前の通り丸鶏の半身を素揚げしたもの。様々な部位を同時に味わうことができる、豪華かつ豪快な一品。

表面はパリッと、中身ジューシーな揚げたての鶏を満喫してきたので、紹介する!

白米を食べる余裕がないぐらい、相当なボリューム

どうやら「なると 本店」の名物は「若鶏半身揚げ」以外にも「手羽先」や「ざんぎ」、「若鶏ネック揚げ」などがあるそう。単品料理も充実している。
なるとの若鶏半身揚げ

僕が行ったのはランチタイムだったので、迷わず「若鶏定食」(1,000円)をチョイス。欲張りな人は「若鶏・寿司セット」(1,500円)を頼んでもいいかもしれない。
なるとの若鶏半身揚げ

「なると 本店」は先に会計するシステム。入店後席につき、注文する内容が決まったら財布を持ってお店中央にあるレジで先に会計を済ませてから料理が運ばれてくるのを待つ。

しばらくて「若鶏定食」が運ばれてきた。
なるとの若鶏半身揚げ

これが名物の「若鶏半身揚げ」。あらゆる部位に噛みつくことができ、ワクワクする。
なるとの若鶏半身揚げ

写真で見るとそれほど大きくないように見えるかもしれないが、実際に食べ始めると終わりが見えないことに絶望感を感じるタイミングがあるはず。僕はなんとか乗り越えて完食したが、白米が全く進まなかったことは言うまでもない。とんでもないボリュームだ。さすが半身揚げ。
なるとの若鶏半身揚げ

量は多いものの、素揚げだからなのか食べやすく、味付けは塩味が強いがビールにはよく合いそう!部位ごとの食感を味わうことができるのは半身揚げならでは。海鮮続きだったからこそ特に美味しく感じた。

基本的に手で豪快にかぶり付くことになると思うので、スマホで写真を撮るのであれば持つ前に撮ることがオススメ。奥の方にお手洗いがあり、石鹸が用意されていたのでしっかり手を洗ってからお店を出ましょう。

なると 本店

関連ランキング:鳥料理 | 小樽駅