Anker初の4Kレーザープロジェクターが、どう見ても”高画質テレビ”だった

投影光源にレーザーを使用したNebula Cosmos Laserシリーズ、6月8日より販売開始

Anker Neblua Cosmos Laser 4K Projector 01

Ankerは6月8日、メディア向け発表会「Anker Power Conference – ‘22 Spring」(4月13日開催)で発表した、投影光源にレーザーを使用した「Nebula Cosmos Laser 4K」(249,900円)および 「Nebula Cosmos Laser」(169,900円)を販売開始した。

圧倒的な明るさが特徴。最大150インチの投影が可能

Nebula Cosmos Laserシリーズの特徴は、圧倒的な明るさ。最上位モデルの「Nebula Cosmos Laser 4K」は、2400 ISOルーメン(2000 ANSIルーメン)の圧倒的な明るさに加え、4K(3840×2160)の高解像度に対応する。

投影された映像は、驚くほど明るくクリアだ。実機の映像があまりにも鮮明で、思わず投影している壁まで見に行ってしまったが、テレビと遜色ないほどクリアで驚いた。またDolbyオーディオ / Sound Dimensionによる3D サラウンド音響、2基の10Wのスピーカードライバー、2基の5Wツイーターを搭載することで、臨場感かつ迫力のあるサウンドが楽しめる。

「Nebula Cosmos Laser」はフルHD(1920 x 1080 )の解像度だが、上位モデルと同じ明るさを実現。いずれも最大150インチの投影が可能だ。

Anker Neblua Cosmos Laser 4K Projector 03
Nebula Cosmos Laser 4K

Android TV 10.0搭載の「Nebula 4K Streaming Dongle」が付属しており、Google Playストアの7,000以上のアプリが利用できる。リモコンにはYouTube、Netflix、Amazon Prime Video、Disney+のアプリをワンタッチで表示可能な4つのショートカットボタンが用意されている。

自動台形補正に対応し、高速オートフォーカスやスクリーンフィットに対応。プロジェクターの設置から上映開始まで、ストレスフリーかつ速やかに行える。

Anker Neblua Cosmos Laser 4K Projector 02
Nebula Cosmos Laser 4K

ギャラリー

関連キーワード
公開情報
更新日2022年06月21日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「ガジェット」新着記事
トレンド検索