Anker、世界初のAndroid TV搭載モバイルレーザープロジェクターを発売

Android TV 11.0搭載で片手で持ち運べる「Nebula Capsule 3 Laser」が発売

Anker Power Conference 2022Fall New Items 59

Ankerが10月27日、プレスイベント「Anker Power Conference 2022 Fall」を開催。世界で初めてAndroid TV 11.0を搭載したモバイルレーザープロジェクター「Nebula Capsule 3 Laser」を発表した。価格は119,900円。

一般的なLED光源と比べて約1.8倍明るいレーザー光源を採用し、前モデル「Nebula Capsule ll」の約2倍となる300 ISO/ANSIルーメンの明るさを実現。出力できる最大解像度はフルHD(1,920 x 1,080)となっており、Dolby Digital PlusやHDR10にも対応する。横幅2.5m超の最大120インチまで映像を広げて楽しめる。

Anker Power Conference 2022Fall New Items 57
新旧モデルの比較

レーザーになっても電池持ちは従来どおり、映画1本分程度と同等の約2.5時間の映像再生が可能。垂直だけではなく水平方向への自動台形補正にも対応し、様々な場所で簡単に投影できる。

従来製品はAndroid TV 10.0だったが、Nebula Capsule 3 LaserはAndroid TV 11.0を搭載。対応アプリがNetflixやAmazon Prime Video、YouTube、TVer、Disney+、U-NEXTを始めとした7,000以上に拡大し、アプリの操作性も向上している。現地で新旧モデルの操作性などを比較したところ、レスポンスも改善されていた。

Bluetooth 5.1をサポートし、本体に充電用のUSB-Cポート、デバイスと外部接続用のHDMIポート、サウンド出力用のAUXポートが搭載されている。重さは約950g。前モデルと比べて一回り大きくなっているが、劇的な違いではない。

Anker Power Conference 2022Fall New Items 60
片手で持てるサイズ

Anker Power Conference 2022Fall New Items 58
左から:初代モデル、最新モデル、前モデル

もっと読む

12本の記事を表示する
ギャラリー

関連キーワード
公開情報
更新日2022年10月29日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「ガジェット」新着記事
トレンド検索